敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

ライフ

下町ロケット「藤間秀樹」役の杉良太郎さんのボランティア精神が渋すぎ

『下町ロケット』の続編が 10/14(日)から始まり、視聴率 13%以上の好スタートとなっているようです。その中で、帝国重工の社長・藤間秀樹を演じる歌手・俳優の杉良太郎さんは、過去何十年にもわたってボランティア活動を続けていることでも有名です。来年…

四半「技」四半「育」四半「漁」四半「農」な生き方を目指して思うこと

「未来にはバーチャルな世界しか残されていない」と言われることもありますが、本当にそうでしょうか? 自分の生き方として、「テクノロジ」「子育て」「漁業(釣り)」「農業(畑仕事)」にマイリソースを1/4ずつ配分することを目指してきた結果、「リア…

ノーベル賞に想う ―「粘着情報」を断捨離して自由に生きる意味を考える

今年のノーベル医学・生理学賞に、本庶佑・京大名誉教授が選出されました。曰く「ネイチャー、サイエンスに出ているものの9割は嘘で、10年経ったら残って1割だ」ということですが、理系の分野でこのレベルですから、日常的な人間関係の中で行き来する情報…

システムの内側で楽に生きるか、外側で自由や面倒を謳歌するかという話

エンジニアとして、半導体技術や自然言語処理など、新しいテクノロジやイノベーションに日々携わる一方で、スマートフォンやカーナビ、GPS などのテクノロジ製品にはほとんど興味がない。そのモヤモヤしていた理由が、一冊の本によって晴れ渡る結果となった…

「生きる意味」が分からない人こそ「子育て」できる世界になって欲しい

若いころ、「なぜ生きるのか?」というテーマがよく頭をよぎっていた。昼間は授業や部活、遊びなどに没頭するものの、夜が更けて一人になると、同じ疑問が毎夜のごとく頭をもたげる。簡単に解消される疑問でもなく、終わりのない問いかけであることも分かる…

子どもの花粉症治療は夏~秋がおススメ!「免疫療法」の中身と対応病院

スギ花粉が飛散する春は、ひどい目のかゆみや腫れ、止まらないクシャミに悩まされ、大人も子供も通院が欠かせなくなります。現在は、点鼻薬や内服薬で目のかゆみやクシャミを抑えたり、鼻の粘膜のレーザ治療で症状を軽くしたり、といった「対処療法」が中心…

【パパの読み聞かせ】5,000 冊読んで気付いた微妙なこととおススメ絵本

子どもたちが生まれるまでは、絵本にこれっぽっちも興味なかったボクですが、この10年ほどで気付いたら、絵本を 5,000 冊(!)読み聞かせていました。それは、ただ「面白いから」なんです。そして、絵本を5,000 冊読んで、かなり微妙な、どうでも良いことに…

「片付け」は景色の一部と化した不要なモノとの闘い【片付けられない】

ミニマリストを名乗るほどではありませんが、身の周りのモノが散らかっているとそれなりにストレスを感じる程度には、お片付けや整理・整頓が好きです。片付けの基本は、(1)いったん景色に溶け込んでしまったモノを「不要」と認識し、(2)そのモノの持…

大人の「生きる意味」は「自分探し」ではなく「他人探し」の中にあるよ

大人は不自由です。目的や意味がないと何も動けない、という点で実に「不自由」な生き物です。一方の子どもは、大人の「不自由」な世界が近づいてきて、よくよく自分のことを客観的に捉えてみると、自分にはとても「主役」の素質などなく、「脇役」として「…

[なぜ働く?]仕事に長時間労働も残業も人格も、こんな上司も要らない

「人は何故はたらく?」というのは、人類永遠のテーマです。人工知能(AI)が跋扈する未来にも、このテーマがなくなることはないでしょう。哲学者ハンナ・アレントによれば、人間の活動には「食うこと」「生み出すこと」「表現すること」の3つがありますが…

[安全な食事]加工食品のややこしい『産地表示ルール』を徹底的に解説

食べ物のルーツの確認方法を知っていますか? 食べようとしているウィンナや飲もうとしているペットボトルがどこの国で作られ、どこの国からやってきたか、です。そんな加工食品の原材料産地(原産地)を表示する制度が既に始まっています。でも、この制度、…

[2020年]話題のビッグイベント「エヴァもマリオも USJ も大学入試も」

2020年、東京オリンピックが開催されます。それと併せて、「2020 年問題」なる恐ろしい問題も取りざたされていますね。資産価値が暴落するとか雇用が一気に収縮するとか。でも、このキリの良い年には、オリンピック以外にも、さまざまなイベントが計画されて…

「そこそこの人生」を作っては壊しながら「生きる意味」を考える人たち

乳幼児を見ていると、積み木でもブロックでも砂場遊びでも、何かを作っては壊し、ということを飽きずに延々とやっている場合が多い。人間は、「つくる」ことと同じかそれ以上に、「こわす」ことが好きらしい。「モノ」を作って壊すのと同様に、人間は「社会…

【ホワイト婚】家事や育児にアイデンティティを探し求める夫婦の難しさ

男女問わず、学歴とともに「論理性」を身に付け、社会契約の中で働きながら「合理性」を身に付けつつ、会社や社会からの「評価」によってアイデンティティを確立すればするほど、評価もアイデンティティも確認し難い「家事」や、「論理性」「合理性」のカケ…

あせも用保湿剤「ユースキン薬用ジェル」でカサカサ皮膚まで治って感動

カサカサ(+ジュクジュク)の乾燥肌に悩んでいた子どもがアセモ(汗あれ)になったので、アセモ用の保湿ジェルを塗ってみたら、カサカサも一緒に治る(!)という嬉しい誤算がありました。ユースキンの「薬用あせもジェル」です。今回は、子どもの皮膚とた…

「万匹家族」じゃなくても互いに「シェア」すれば家族は成り立つと思う

「マンビキカゾク」と初めて聞いた時、最初に頭に浮かんだ漢字は「万匹家族」だった。いつかは観ることになるんだろうけど、まだ観ていない。こんなに話題の映画で、たくさんのレビューが既にあちらこちらに散見される中、敢えて未鑑賞の今、自分の中の「家…

【お節介投稿】「2度目の人生」で「生きる意味」を教えてくれる子ども

以前、先輩に衝撃的な歌を教えてもらいました。「私は子供が嫌いです」から始まる伊武雅刀さんの「子供達を責めないで」(1983年、作詞:秋元康)という一曲です。自分の経験でも、確かにこの曲の通り、子育ては大変です。ただ、「大変」で思考停止するのも…

アカデミー賞の選外確実な「人生」を演じながら「生きる意味」を考える

先日の記事『大人脳で考えても答えの見つからない「生きる意味」は子どもの中にある』に引き続き、軽量級の脳ミソで「生きる意味」を考えます。俳優・山崎努さんが8歳のころに感じた「演技している」に深く共感します。人間というのは、社会との折り合いを…

大人脳で考えても答えの見つからない「生きる意味」は子どもの中にある

1年ほど前に読んだ泉谷閑示さんの「仕事なんか生きがいにするな」が気になって、パラパラと再読してみました。精神医学から哲学、心理学、文学、宗教まで縦横無尽に駆け巡り、「生きる意味」が「子どもらしさ」の中にあることを示唆してくれます。子どもの…

【明るい夫婦生活】理想の上司像が「ブラック家庭」の防止にも役立つよ

働きやすい職場環境を維持するための「上司の心得」のうち、「傾聴」と「か・り・て・き・た・ね・こ」が「ブラック家庭」の防止にも役立ちそうなので、その方法論を考えてみたいと思います。日本は少子高齢化が進み、今後は労働人口が大きく減少していきま…

【ZOZO おまかせ定期便】キッズの申し込み方法と子どもの試着レビュー

「ZOZO おまかせ定期便」に興じる 親の姿を目の当たりにして、「ZOZOTOWN」と書かれた真っ黒な箱が届くたびに興味津々となっていたムスメが、「アタシもやってみたい」ということになり、試してみることになりました。スタイリストがコーディネートしてくれ…

【ZOZO おまかせ定期便】第3便キタ! レビュー&感想|今回は全品返品

「ZOZO おまかせ定期便」が早くも3巡目に突入しました! スタイリストがコーディネートしてくれた洋服やファッションアイテムを定期的に受け取れるスタートトゥデイ(ZOZOTOWN)のサービスです。自宅で手持ちのアイテムと見比べながら試着して、気に入った…

【ゲーム化社会】人間は「暇つぶし」の課題を探しながら死ぬまで旅する

乳幼児が微動だにせずスマホの動画やテレビに釘付けになっているのを見掛けると、「この子は、まだ生まれていないんじゃないか?」という錯覚を覚える。ほぼ同じ位置で光と音を感じているだけなので、母親のおなかの中にいる状況とさほど変わらない。人間は…

男性 HSP の結婚:家事・育児を「敏感」気質と絡めて分かった8つのこと

HSP(感受性が強く、ちょっとした変化や他人の気持ちに敏感な人) の観点で家事・育児を考えてみたいと思います。夫婦の絆を頑丈なものとするには、互いの内面の理解や相手への思いやり、家事・育児への互いの協力が不可欠なわけですが、自分の HSP という気…

映画「ドラえもん」と「名探偵コナン」が豪華2本立てだったオヤジの春

この春を迎えるまで、映画館で見たアニメ映画が「千と千尋の神隠し」だけ、というアニメ映画との距離感がハンパないボクことオヤジなんだけど、あれから時は流れて 17 年。映画館で見たアニメ映画が一気に「3本」になった。子どもにせがまれて見た『ドラえ…

安全・安心・安定の中心で「リスク」を叫ぶ|今日と同じ明日はくるか?

エンジニアでありながら、定量的なデータやエビデンスよりも、定性的な「野生の勘」を信奉してしまい、自分でも戸惑うことが多々ある。とりわけ、生活や人生に安らぎを与えてくれる「安全・安心・安定」については、それが過剰であればあるほど、自分の中の…

【R18 指定】「男性」の上手な伸ばし方と「女性」を虜にするイカせ方

あなたには、女性のパートナーがいますか? あなたは、そのパートナーの「女」の部分をイカせていますか? あなたには、男性のパートナーがいますか? あなたは、そのパートナーの「男」の部分を伸ばせていますか? そっと手を差し伸べ、優しく包み込むよう…

【小平選手に学ぶ】言葉を大切にすれば「遠回り」な人生にも耐えられる

いつも目先の利益や承認に囚われ、ついつい近道を歩みがちな自分だが、「遠回り」してオリンピックの金メダルを獲得したスピードスケート・小平奈緒選手のインタビュー記事を読んで、アラサーの若さで「その境地に達してしまっているのか!」と驚くことばか…

【白髪染め】利尻昆布トリートメントの便利でお得な使い方(クチコミ)

童顔のため子どものころから「見た目年齢 < 実年齢」の恩恵を受けてきたボクですが、ここ数年は「見た目年齢 ≧ 実年齢」と見られるようになってきました。その最大の原因は「白髪が増えた」ことです。そんなボクがもう何年も使っている、お金も時間も掛から…

【ZOZO おまかせ定期便】第2便レビュー|また買ってしまった

「ZOZO おまかせ定期便」の第2便が到着しました! あらかじめ登録した体型や好みに合わせてスタイリストがコーディネートしてくれた洋服やファッションアイテムが定期的に送られ、自宅で試着したり手持ちの洋服と合わせてみたりして、気に入った商品があれ…

- 敏感の彼方に -