敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

その他

「ふるさと納税」という悪魔の税制を始めた人が日本の総理大臣になる日

「ふるさと納税」制度は、総理大臣になることがほぼ決まった菅義偉氏が総務相時代の2007年に創設した史上最悪レベルの税制だ。制度開始当初から、おかしいと思って声を上げる人たちは何人もいたが、国民一人ひとりにとってあまりにも美味し過ぎる制度である…

【ドコモ口座被害】35銀行に波及か?相談窓口の設置が菅政権の初仕事

NTT docomo の「ドコモ口座」を悪用した預金の不正引き落としが多発している。ドコモ口座を開設していなくても、提携銀行に口座を持っていれば、被害に遭う可能性あり。提携銀行は、以下の通り。ゆうちょ銀行、みずほ銀行、三井住友銀行、イオン銀行、伊予銀…

「お金持ちになる方法」系 Youtube動画の面白さをシニカルに語ってみる

「お金持ちになる方法」という動画があふれかえっているのは、手っ取り早く人を集めるのに最適なテーマだから。その面白さをシニカルに語ってみることにした。必要十分条件でもなく、明確な因果関係もない結果論的なことを、「モチベ」「才能」「運」という…

「アベノマスク」再チャレンジ開始 😷 歴史に名を残す世界初のマスクへ

1回目のチャレンジ:コロナ発生 ⇒ マスク品薄 ⇒ マスク転売規制 ⇒ 「アベノマスク」発表 ⇒ 不具合発生 ⇒ コロナ第1波収束 ⇒ 品薄感解消 ⇒ 「アベノマスク」配布完了 ⇒ タンスへ 2回目のチャレンジ:「アベノマスク」in タンス ⇒ マスク転売規制の廃止(…

【カメ日記】癒し系の代表選手「銭亀」を飼い始めた🐢飼育と成長の記録

クサガメ(臭亀・草亀)の赤ちゃんである「ゼニガメ(銭亀)」を飼い始めました。新型コロナ(新型肺炎)の影響で自宅にこもる時間が長くなる中、とても素敵な癒し効果をもたらしてくれます。飼育環境や飼育方法などは、ネットであちらこちらに見つけられま…

現代版『踏みマスク』の汚れ・虫・カビ・髪の毛が忠誠心を試してくる件

「アベノマスク」(伊藤忠、興和、マツオカ、ユースビオ、横井定)が着々と発送されているようですが、汚れ・虫・カビ・髪の毛が見つかったとの報道や SNS 報告を見るにつけ、なんだか「踏み絵」ならぬ「踏みマスク」の様相を呈してきているように感じます。…

[再リフォーム後のお宅拝見]怪我で片足を失って1年後の文鳥♀の様子

事故で片足を失った白文鳥の成長記録です。事故から一年、3歳を超えた彼女は、残った足で一生懸命、楽しく(?たぶん)生きています。この一年間に、鳥かごのリフォームをはじめ、いろいろと試行錯誤を重ねてきましたが、ようやく最終形態に落ち着くことが…

【アマゾンロッカー利用方法】宅配・置き配・カウンターとの使い分け

Amazon の宅配ロッカーサービスが開始となりました! 駅やコンビニに設置された専用ロッカーで、人手を介さずにアマゾンの商品を受け取れます。また、これとは別に、カフェや小売店に設置された専用カウンターでは、ロッカーに入らない大型の荷物などを対面…

[動画 vs. テキスト]YouTuber などが語らないであろう知識・情報源の話

「お笑い大好きオジサン」ことネズジロー(寝ずジロ―)です! YouTube などで、お笑い系エンタメを筆頭に、ドキュメンタリーやスポーツなど、「クリエイティブ」な動画をたまに視聴しますが、知識・情報系(ハウツー系)の動画は、くどくて長いので、ほとん…

「表現の不自由展」がやっぱり不自由な理由|あいちトリエンナーレ2019

『あいちトリエンナーレ 2019』の企画展「表現の不自由展・その後」が揺れている。「表現の自由」を考えるきっかけを与える、という趣旨なのに、熱くなるきっかけにしかなっていないような気もする。いったん展示不許可となった作品でも、こうすれば再び展示…

【吉本問題】1つの成功より「1つも失敗しないこと」が優先される社会

宮迫さんと亮さんの謝罪会見。松本さんのコメント。吉本興業・岡本社長のグダグダ会見。いずれも、「おっさん」たちの涙を伴う歴史的な場面だったけれど、その背後には、1つの成功よりも「1つも失敗しないこと」が優先される日本社会の本質が見えたような…

【山本太郎メモリーズ】メロリンQの「れいわ新選組」が政党になった日

今回の参議院選挙で最も勢いのある「れいわ新選組」の「山本太郎」氏について、30年間の動向を振り返ってみました。元気が出るテレビ!「ダンス甲子園」のメロリンQ!に始まり、脱原発、「新党 今はひとり」、園遊会事件、「生活の党と山本太郎となかまたち…

次回の「ポツンと一軒家」はどこ?超気になる!「孤独」と人気と視聴率

日曜よる8時の「ポツンと一軒家」が、再放送も含めて、圧倒的な人気と視聴率を誇っています。なぜそんなにも支持されているのか、様々な視点からその魅力に迫ってみました。その週の放送が終わったら、早くも次週の内容が気になりますよね。次回は、北海道…

愛する人の「死」で学んだこと・気付いたこと・考えたこと・泣いたこと

5日ほど前、愛する人が突然、この世を去ることになった。この数日間にいろいろ考えたことがそのまま消え失せてしまうのは、故人とのつながりも薄くなってしまうような気がして淋し過ぎるので、いつか心が落ち着いた時にゆっくりと懐かしく振り返れるように…

安全・安心・安定の社会で「リスク」を叫ぶ|今日と同じ明日はくるか?

エンジニアでありながら、定量的なデータやエビデンスよりも、定性的な「野生の勘」を信奉してしまい、自分でも戸惑うことが多々ある。とりわけ、生活や人生に安らぎを与えてくれる「安全・安心・安定」については、それが過剰であればあるほど、自分の中の…

ビジネス書の「時短低コスト」選び方・読み方|忙しい人におススメ方法

時間がない中でたくさんのビジネス書に接してきました。「古典本」「ハウツー本」「教養本」のカテゴリごとに、短時間・低コストでビジネス書を読みこなす方法をまとめてみます。「古典本」は、読み継がれているものを手当たり次第に読んで「本質」を学びま…

アニメ『ぼくらの7日間戦争』の原作本が圧倒的に面白い|クチコミ解説

平成から令和になって最初に読んだ本は、ビジネス書でも流行の小説でもなく、昭和が舞台の『ぼくらの七日間戦争』です。GAFA や BATH と呼ばれる巨大プラットフォーム企業が提供する「システム」という名の手のひらの上で転がされながれ、3次元世界で「体制…

自動翻訳対決「みらい翻訳 vs. Google翻訳」の勝者は?100点満点で評価

AI を利用する自動翻訳『みらい翻訳』の実力がメキメキと伸びてきているようですので、自動翻訳の代名詞的存在である「グーグル翻訳」と、100点満点の点数で競ってみました。特許明細書や論文など、比較的難しくてお堅い技術文書を中心に比較しています。そ…

「ふるさと納税」が格差社会ニッポンの最前線を映し出しているみたいだ

寝ずジローから「ふるさと納税」制度にひと言。開始から 10年以上が経過し、ここへきて泥仕合の様相が強くなってきていますが、そこには、格差が徐々に広がりつつある日本社会の最前線がくっきりと映し出されているように感じられます。パイが大きくなってい…

【祝】文鳥がフラミンゴになるまでの72日間に鳥ビギナーが気付いたこと

ついに、飼っている文鳥(名前:おもち(2歳))がフラミンゴになりました。2019年の元日に大きな怪我を負ってから 72日目の昨日、壊死した足が出血なく脱落して、無事に一本足のフラミンゴ状態になったのです。こうなるまでの2カ月半は、期待や希望や願望…

ざんねんないきもの【人間版】第1位:自己愛のみで弱者から搾取する人

独断と偏見で進めてきました「ざんねんないきもの【人間版】」ですが、ここへ来てようやく第1位の発表です! それは、「自分を愛する気持ちが強すぎて、弱者から搾取していることに気付かない人」です。誰だって「自分ラブ」な気持ちは持っていますが、ある…

ざんねんないきもの【人間版】第2位:モノサシを1つしか持ってない人

人間版「ざんねんないきもの」第2位の発表です! 少し前に、独断と偏見で第3位「『運』と『実力』を勘違いする人」を決定しましたが、今回は第2位「モノサシを1つしか持たない人」について、好き放題に書いてみたいと思います。世間では「自分のため」と…

ざんねんないきもの【人間版】第3位:「運」と「実力」を勘違いする人

今もよく売れている『ざんねんないきもの事典』にあやかって、人間版の「ざんねんないきもの」を考えてみたいと思います。完全なる独断と偏見で、栄えある第3位は、「運を実力の結果と勘違いしている人」です。それは、「アイドルを目指せ!」と叫ぶアイド…

足が壊死した文鳥のお家リフォーム[小鳥とケガとバリアフリーの記録]

不慮の事故で片足が壊死してしまった文鳥のその後です。順調に回復してきましたので、そろそろ元のお家に戻してあげようと、バリアフリー化のリフォームを行いました。基本は、床の底上げ、床の汚染防止とクッション性の確保、身体に優しい止まり木の追加、…

【私は片足立ちの文鳥】ケガで足を失った場合の対処方法と回復の軌跡

およそ1年前に我が家の一員となった文鳥「おもち」の身に、正月早々、大きな不幸が訪れました。金属タグ(バードリング or 足環)が引っ掛かって、左足が壊死してしまったのです。以前、タグを外そうか考えた時期もあるため、後悔の念ばかりが湧いてきます…

【強い本番力】受験や試合でプレッシャーに負けずに実力を発揮する方法

入試やテスト、試合や発表会(スピーチ)など、大きなプレッシャーの掛かる場面では、いかに自分の力を出し切れるかが結果を左右します。そのような「強い本番力」を発揮する方法を紹介します。具体的には、本番を想定した「プラス方向のイメージトレーニン…

もう「ふるさと納税」の返礼品は「千と千尋」のお肉でいいんじゃないか

自治体間の税収移転を目指す「ふるさと納税」制度が、ますますおかしな方向へと進みつつあります。庶民の一人として制度をトコトン楽しめば良いのでしょうが、「千と千尋の神隠し」で父母がむさぼるお肉が頭をよぎり、どうも楽しめません。「寄付」という名…

【実録】小学校に対する署名活動ほか:子どもファーストの行事を求めて

子どもたちが通う小学校に対して実施中の「署名活動」などの実録です。あくまでも補佐的な立場ですが、運動会や学習発表会といった行事がもっと「子どもファースト」であって欲しいと願っての参加です。教員の働き方改革や「組体操」を含めた児童の安全面に…

[エホン虫]プロおすすめ絵本 650 冊から人気 10 作品を絞り込んだ結果

絵本作家・イラストレータ・デザイナー 130 人が選んだ 650 冊の絵本の中から、2人以上が重複して選定している絵本を 10 冊、選者の「選んだ理由」とともにメモっておくことにしました。これまで、5千冊以上の絵本を読み聞かせしてきましたが、まだまだ出…

キンコン西野氏『新世界』でも「革命のファンファーレ」はまだ鳴らない

キンコン西野さんの最新ビジネス書『新世界』が、早くも全ページ無料公開されました! 『えんとつ町のプペル』『革命のファンファーレ』に続いて、全文公開はもはや西野さんのお家芸となりつつありますね。今回もじっくりと拝読して、さまざまな視点からボク…

- 敏感の彼方に -