敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

子育てと教育

塾なし高校受験【実況|その4】1学期の通知表内申点と夏休み学習計画

通塾せずに偏差値 70 の公立高校を目指す娘の挑戦を記録する実況第4弾。今回は、「1学期の通知表内申点と夏休みの学習計画」がテーマです。先日、学校で親子3者面談が行われ、1学期の内申点が手渡されました。内申点は着実に伸び、本人もますますモチベ…

そろそろ劣悪な夫婦・家庭環境を「演じる」時が来た?子供と結婚の未来

結婚や家庭を持つことが「運」ではなく「予定調和」の成果となりつつある世の中で、その予定調和レースに参加できる確率は、ものすごく低くなっていく可能性が高いから、結婚や家族というものに対して、最初から甘い幻想を子どもに植え付けない方が良いのか…

塾なし高校受験【実況|その3】実力テストの結果と今後の学習の計画

通塾せずに偏差値 70 の公立高校を目指す娘の挑戦を記録する実況第3弾。今回は、「実力テストの結果と今後の方針」がテーマです。中学3年生になって1発目の全市統一実力テストで、どの程度の成績が目安になるのか、受験生をお持ちの方や将来的に受験をお…

塾なし中学受験【実況|その2】夏休みに復習する算数「割合」ドリル

通塾せずに偏差値 63 の公立中高一貫校を目指す娘の挑戦を記録する実況第2弾。今回は、「夏休みの苦手克服学習」がテーマです。合否を分ける科目である「算数」の中で最も重要と考えられる「割合」の単元について、おすすめの教材を紹介します。注意点(!…

塾なし高校受験【実況|その2】夏休みの先取り学習(数学・英語!)

通塾せずに偏差値 70 の公立高校を目指す娘の挑戦を記録する実況第2弾。今回は、「夏休みの先取り学習」がテーマです。難関高校の受験では、秋以降の模試で実力を正確に測るためにも、夏休みに中3の学習範囲をひと通り終えてしまうのが一般的です。特に必…

塾なし中学受験【実況|その1】偏差値63の公立一貫校を受ける理由は?

現在、小6のムスメSは、偏差値63の公立中高一貫校を目標に勉強しています。しかも、塾に通う予定は今のところありません。そんなムスメSの挑戦を受検当日まで記録していきたいと思います。なぜ、塾なしで公立中高一貫校を目指すのか(親としての考え)、…

塾なし高校受験【実況|その1】自宅勉強だけで偏差値70を目指す計画

現在、中3の娘は、通塾せずに偏差値 70 の公立高校を目指しています。その挑戦を、来年3月までの10ヵ月間ほど記録していきたいと思います。今回は、なぜ「塾なし」を選んだのか、その理由や親の考え、娘の中学校生活の様子や現時点の成績、高校受験の概要…

父親が育児に「参加」するのではなく「責任を持つ」時代へ|脱イクメン

父親が育児に「参加」するだけではなく、「責任を持つ」ようになれば、この国や世界は、思っている以上に大きく変わっていくんじゃないかと期待しています。男女が入れ替わっても、同じことです。【ネズジロー】

[意味中毒社会]子供に「意味」を与えると、そこで人生の冒険が終わる

トヨタ社長が「終身雇用ムリかも・・・」と明言したことで、本格的な格差社会の到来が一気に近づき、多くの人々にとって「生きる意味」の模索がますます難しくなっていくように感じます。それは、手にするのが難しい「生きる意味」を自ら探し求めることを諦…

出産・育児は「する」じゃなくて「した」に意味を付けるもの【少子化】

「子育て」を経験するかどうかは、たまたまの偶然でしかありません。なので、結婚・出産・育児は、「する」を考えることに特に意味はなくて、せいぜい「した」という事実にしか意味はないと思っています。その「たまたま」という一線のこちら側とあちら側で…

どっちの人生を選ぶ?「大好き」なことを1個 or「好き」なことを100個

「1つの大好き」に没頭する人生と、「100個の好き」に囲まれて送る人生と、あなたならどちらを選びますか? ある1つのことに出会った瞬間に、それを「大好きでやり続けたいこと」にまで昇華できるということは、ほぼほぼ「運」です。今や一部のハングリー…

英語を楽しく学習する「洋書」の選び方・読み方[仕事や受験に役立つ]

「洋書」を読めば読むほど、単語も慣用句も表現もたくさん覚えられますし、読むスピードもどんどん上がりますし、仕事や受験にとても役立つのでおススメです。そんな「洋書」の選び方・読み方を簡単にまとめてみました。自動翻訳の台頭で、英語力の必要性は…

勉強する理由や意味が「親のため」とか「人に勝つため」ってのは無しね

勉強は、親のためでも、学校や塾の先生のためでもないし、お金儲けや、他人を打ち負かしたり騙したりするためでもない。では、何のために勉強するのだろうか? なぜ勉強するのか? 寝る時間とアルコールを摂取する時間以外は「すべて勉強」と考えてきたボク…

[勉強とスポーツと子供]人生のコースを早々と決めてしまう意味と目的

「人生100年時代」なのに 45歳で会社からは「不要」扱いされたり、一方のスポーツ界では、20歳ですでに「ベテラン」と言われたり、引退に追い込まれたりするケースもままあります。人生のピークが低年齢化する一方で寿命は延びる傾向にあり、ピークから寿命…

我が子は14個のスイッチを持っている【子どものやる気と自主性のツボ】

子どもの習慣付けの基本となる「仕組み=スイッチ」を作るのが、育児を楽に進める秘訣です。また、子育てのだいご味でもあります。「スイッチ」を持ち、それを上手く自分で「オン」操作できるようになった子どもは、誰かに「やりなさい」と言われなくても、…

[子供英語]中学で単身渡米するまで10年以上習い続けたコツとメリット

子ども3人、同じ英語教室に通っています。ただ、「子どもたちにペラペラになって欲しい」という気持ちはほとんどなく、「異文化への入口となる外国語に接する」ことで、たとえ言葉が十分に通じなくても、誰とでも物怖じせずコミュニケーションできるように…

子育て中の「世界から置いてきぼり」恐怖はほぼ克服できたと思う父育児

ブラック企業並みのグレー企業で散々働いてきましたが、結婚 → 出産(その1)→(その2)→(その3)というイベントとともに、「自分だけ、世界に置いていかれる!」という恐怖感を胸に抱きつつ家事・育児に精を出しながら、少しずつその恐怖を克服し、最終…

【一般ピープル人生論】「デキる」と行動を増やした先の「自分らしさ」

「好きなことを仕事にする」というフレーズを最近よく耳にします。確かに「好き」だけで人生を走り抜けられればハッピーですが、それが可能なのは一部のラッキーな人だけだと思うのです。一般ピープルとしては、「スキ」以外に「デキる」「やりたい」「なり…

「勉強が一番大切」という魔の思考停止|人は何のために勉強するのか?

何のために勉強を「する」のかは分かりませんが、何のために勉強を「しない」のかは、ある程度はっきりしているような気もします。毎年のように聞こえてくる、「勉強が一番大切だろ?」という魔の思考停止フレーズは、人工知能(AI)などのテクノロジがもた…

スマートスピーカになった父親の「期待しない」子育て論|サヨウナラAI

スマートスピーカを持たない我が家では、私にスマートスピーカの役割が回ってきています。自分自身が家族のインフラや結節点となって、なくてはならない存在でいられるのは悪い気がしませんし、勉強や日々の生活を含めて、家族の関心事や行動予定などが自然…

【毒親とロールモデル親】子供にとっての「あるべき親像」幻想との闘い

親を手本として自分の子どもを育てられるなら、こんなに楽なことはない。けれど、同じ親に育てられたからといって、兄弟姉妹が同じ「親像」を頭に描いているとは限らない。片や尊敬・感謝の念を持ち、片や恨み・毒心を抱いていることもままある。同じ事象に…

【強い本番力】受験や試合でプレッシャーに負けずに実力を発揮する方法

入試やテスト、試合や発表会(スピーチ)など、大きなプレッシャーの掛かる場面では、いかに自分の力を出し切れるかが結果を左右します。そのような「強い本番力」を発揮する方法を紹介します。具体的には、本番を想定した「プラス方向のイメージトレーニン…

【実録】小学校に対する署名活動ほか:子どもファーストの行事を求めて

子どもたちが通う小学校に対して実施中の「署名活動」などの実録です。あくまでも補佐的な立場ですが、運動会や学習発表会といった行事がもっと「子どもファースト」であって欲しいと願っての参加です。教員の働き方改革や「組体操」を含めた児童の安全面に…

[エホン虫]プロおすすめ絵本 650 冊から人気 10 作品を絞り込んだ結果

絵本作家・イラストレータ・デザイナー 130 人が選んだ 650 冊の絵本の中から、2人以上が重複して選定している絵本を 10 冊、選者の「選んだ理由」とともにメモっておくことにしました。これまで、5千冊以上の絵本を読み聞かせしてきましたが、まだまだ出…

【通知表の成績】普通の小学生「オール3」までの軌跡・勉強方法まとめ

小学5年生のムスメが、3段階評価で「オール3」の通知表をもらいました。地頭は決して良いわけではありませんし、ボクら夫婦が「教育ママ・パパ」なわけでもありません。そんなごく普通の家庭の我が子たちが、小学5年生で「オール3」を修めるまでの軌跡…

「サンタ🎅」と「ウンチ💩」は『くる!』と思った人にやって来る家訓

メリークリスマス! 最初に言い切ってしまいますが、クリスマスは、親の自己満足のための行事です! 我が家の場合、小学6年生まではサンタクロースからプレゼントをもらうことになっているのですが、学校では色んな噂が飛び交いますので、毎年のように「サ…

【スマホ育児】長時間は絶対ダメだけど、上手に使えば全然問題なかった

「スマホに乳幼児のお守りをさせる」ことは、いつも賛否が分かれます。スマホの登場から 10 年も経つのに意見が分かれるのは、個人差があったり、価値観の相違であったり、100%の正解が導き出せない問題のため、どこまで行っても議論が平行線をたどるからで…

[これからの教育]あえて子どもに「退屈」を与える「引き算」の子育て

就学前の子どもに文字や計算をあえて教えない子育てをしたら、小学校入学後から乾いたスポンジのように嬉々として文字や計算を覚えるようになりました。子どもの中に「余白(余裕)」を作ってやれば、子どもは自らその余白を埋めようとします。ただ今の時代…

子どもに「病気・発熱で寝込んでくれ」と思ったのは、ボクだけじゃない

外で働いたり在宅で働いたり、いろんな働き方をしてきましたので、乳幼児がいるのに在宅で働くことの「恐ろしさ」についても十分に理解しているつもりです。ある日、まだ小学校入学前のムスコNが熱を出しました。その時は、しばらく自宅で様子を見ることに…

ムスコが徒歩で「地球の自転」に追いつける場所を計算|北極から何km?

小1のムスコNが、「地球と一緒に回りたくない!」というようなことを言いました。夜(暗闇)が好きではなく、ずっと太陽を見ていたいようです。そこで、地球の自転と反対方向に息子が歩いたり走ったりする程度の速度で、「地球の自転」に逆らって、同じ場…

- 敏感の彼方に -