敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

子育てと教育

子育て中の「世界から置いてきぼり」恐怖はほぼ克服できたと思う父育児

ブラック企業並みのグレー企業で散々働いてきましたが、結婚 → 出産(その1)→(その2)→(その3)というイベントとともに、「自分だけ、世界に置いていかれる!」という恐怖感を胸に抱きつつ家事・育児に精を出しながら、少しずつその恐怖を克服し、最終…

【一般ピープル人生論】「デキる」と行動を増やした先の「自分らしさ」

「好きなことを仕事にする」というフレーズを最近よく耳にします。確かに「好き」だけで人生を走り抜けられればハッピーですが、それが可能なのは一部のラッキーな人だけだと思うのです。一般ピープルとしては、「スキ」以外に「デキる」「やりたい」「なり…

「勉強が一番大切」という魔の思考停止|人は何のために勉強するのか?

何のために勉強を「する」のかは分かりませんが、何のために勉強を「しない」のかは、ある程度はっきりしているような気もします。毎年のように聞こえてくる、「勉強が一番大切だろ?」という魔の思考停止フレーズは、人工知能(AI)などのテクノロジがもた…

スマートスピーカになった父親の「期待しない」子育て論|サヨウナラAI

スマートスピーカを持たない我が家では、私にスマートスピーカの役割が回ってきています。自分自身が家族のインフラや結節点となって、なくてはならない存在でいられるのは悪い気がしませんし、勉強や日々の生活を含めて、家族の関心事や行動予定などが自然…

【毒親とロールモデル親】子供にとっての「あるべき親像」幻想との闘い

親を手本として自分の子どもを育てられるなら、こんなに楽なことはない。けれど、同じ親に育てられたからといって、兄弟姉妹が同じ「親像」を頭に描いているとは限らない。片や尊敬・感謝の念を持ち、片や恨み・毒心を抱いていることもままある。同じ事象に…

【強い本番力】受験や試合でプレッシャーに負けずに実力を発揮する方法

入試やテスト、試合や発表会(スピーチ)など、大きなプレッシャーの掛かる場面では、いかに自分の力を出し切れるかが結果を左右します。そのような「強い本番力」を発揮する方法を紹介します。具体的には、本番を想定した「プラス方向のイメージトレーニン…

【実録】小学校に対する署名活動ほか:子どもファーストの行事を求めて

子どもたちが通う小学校に対して実施中の「署名活動」などの実録です。あくまでも補佐的な立場ですが、運動会や学習発表会といった行事がもっと「子どもファースト」であって欲しいと願っての参加です。教員の働き方改革や「組体操」を含めた児童の安全面に…

[エホン虫]プロおすすめ絵本 650 冊から人気 10 作品を絞り込んだ結果

絵本作家・イラストレータ・デザイナー 130 人が選んだ 650 冊の絵本の中から、2人以上が重複して選定している絵本を 10 冊、選者の「選んだ理由」とともにメモっておくことにしました。これまで、5千冊以上の絵本を読み聞かせしてきましたが、まだまだ出…

【通知表の成績】普通の小学生「オール3」までの軌跡・勉強方法まとめ

小学5年生のムスメが、3段階評価で「オール3」の通知表をもらいました。地頭は決して良いわけではありませんし、ボクら夫婦が「教育ママ・パパ」なわけでもありません。そんなごく普通の家庭の我が子たちが、小学5年生で「オール3」を修めるまでの軌跡…

「サンタ🎅」と「ウンチ💩」は『くる!』と思った人にやって来る家訓

メリークリスマス! 最初に言い切ってしまいますが、クリスマスは、親の自己満足のための行事です! 我が家の場合、小学6年生まではサンタクロースからプレゼントをもらうことになっているのですが、学校では色んな噂が飛び交いますので、毎年のように「サ…

【スマホ育児】長時間は絶対ダメだけど、上手に使えば全然問題なかった

「スマホに乳幼児のお守りをさせる」ことは、いつも賛否が分かれます。スマホの登場から 10 年も経つのに意見が分かれるのは、個人差があったり、価値観の相違であったり、100%の正解が導き出せない問題のため、どこまで行っても議論が平行線をたどるからで…

[これからの教育]あえて子どもに「退屈」を与える「引き算」の子育て

就学前の子どもに文字や計算をあえて教えない子育てをしたら、小学校入学後から乾いたスポンジのように嬉々として文字や計算を覚えるようになりました。子どもの中に「余白(余裕)」を作ってやれば、子どもは自らその余白を埋めようとします。ただ今の時代…

子どもに「病気・発熱で寝込んでくれ」と思ったのは、ボクだけじゃない

外で働いたり在宅で働いたり、いろんな働き方をしてきましたので、乳幼児がいるのに在宅で働くことの「恐ろしさ」についても十分に理解しているつもりです。ある日、まだ小学校入学前のムスコNが熱を出しました。その時は、しばらく自宅で様子を見ることに…

ムスコが徒歩で「地球の自転」に追いつける場所を計算|北極から何km?

小1のムスコNが、「地球と一緒に回りたくない!」というようなことを言いました。夜(暗闇)が好きではなく、ずっと太陽を見ていたいようです。そこで、地球の自転と反対方向に息子が歩いたり走ったりする程度の速度で、「地球の自転」に逆らって、同じ場…

子供を生み育てる理由がないから「人生を大人脳で振り返る」ことにした

ムスコNが生まれた 2011 年、まだ今ほどは人工知能がインフラ化していなかったけど、ここ5年程の間に、資本家への富の集中が随分と進んだ印象がある。子どもがスクスクと育つ一方で、人間の地位を脅かす AI までもがスクスクと育っている状況においては、…

非パワハラ系「叱り方」= 部下や子どもは押さずに引く! 仕事も教育も

職場や学校、家庭でのパワハラがなかなか無くなりません。強い者から弱い者へ暴力や暴言を浴びせるのは簡単ですが、簡単で単純なやり方など、全然カッコよくありません。抑圧が下へ下へと向かうループを断つには、他者(弱者)への接し方を地道に変えていく…

子育てに必要なのは、学歴 < 情報収集力 < 現場力 < 精神力 < 体力

末っ子が幼児を脱して小学生になり、子育てに「体力 💪」が必要な時期は終わりました。ATM としての役割は依然として残っていますが、夫婦間の壁をあまり高くすることなく、3人の子どもの乳幼児期を無事に終えることができたので、そのような経験に基づいて、…

「死ね」「バカ」と魑魅魍魎な同級生に言われる小学1年ムスコの心の中

男同士の約束で、「死ね」「バカ」「消えろ」「アホ」と自ら発することはなくなったムスコだけど、「友だちが『死ね』とか『消えろ』とかいっぱい言ってくる」と憤る日々。そんな罵詈雑言は飲み込んで、そうなった相手の背景を自分なりに想像して、その裏に…

【困った時のお金・申請先】シングル育児-離職-求職-病気-医療-介護etc.

病気・リストラ・離婚・介護・・・といった人生の危機は、いつでも誰にでも起こり得ることです。そんな困ったときの、「どんな補助制度があるのか」と「その申請先(窓口)」とを、なるべく分かりやすく8つのケース別にまとめました。主な制度を中心に書き…

「こだわり」の服を脱いで「信念」の鎧を着たいのだ|仕事&家事・育児

子育ての区切りとして思うままに記事を書いたら、たくさんのブクマや反響をいただいて、いろんな考え方があることを知りました。記事の中で「結婚生活や子育ては『こだわり』を脱ぐこと」と書きましたが、「こだわり」をすべて取っ払って終わりかと言えば、…

【父育児】子育てのゴールが見えてきた立場から思う家事とイクメンと私

ムスメAが中2、ムスメSが小5、ムスコNが小1になりました。苦節十数年のイクメン生活のゴールが見えてきたので(ATM としての役割は依然として残りますが)、「こだわらない」ことと「全面倒の 51%を引き受ける」という家事・育児哲学に基づいて過ごし…

作文の書き方|苦手な人・得意な人・下手な人・上手な人それぞれの方法

作文も日記も読書感想文も、大人であれ子どもであれ、得手不得手に関わらず、人間として生きている以上は避けて通れない関門です。「文章を書く」という行為には、「発想」「表現」という2つの大きなハードルがあり、それぞれの中に「事実の観察」「深掘り…

四半「技」四半「育」四半「漁」四半「農」な生き方を目指して思うこと

「未来にはバーチャルな世界しか残されていない」と言われることもありますが、本当にそうでしょうか? 自分の生き方として、「テクノロジ」「子育て」「漁業(釣り)」「農業(畑仕事)」にマイリソースを1/4ずつ配分することを目指してきた結果、「リア…

「大学なんか行くな!」論の人達と属人的な仕事をナリワイとする人達と

どこかのインフルエンサーが「大学なんか行く必要ない!」と吠え立てれば、それに呼応して大学要/不要論が盛り上がる。だけど、それに対する明確な答えは得られない。そもそも、大学に行く必要があるかどうかは、「大学に行く必要があったかどうか」という…

「生きる意味」が分からない人こそ「子育て」できる世界になって欲しい

若いころ、「なぜ生きるのか?」というテーマがよく頭をよぎっていた。昼間は授業や部活、遊びなどに没頭するものの、夜が更けて一人になると、同じ疑問が毎夜のごとく頭をもたげる。簡単に解消される疑問でもなく、終わりのない問いかけであることも分かる…

子どもへのパワハラが問題なのは、それが「生きる意味」と関係するから

人間の記憶は結構あいまいなもので、楽しかったことは当然覚えていますが、それよりも苦しかったことを鮮明に覚えていたりします。今、スポーツ界のいろんな所でパワハラの火の手が上がっていますが、根本にある原因は、このような人間の記憶の曖昧さだと思…

子どもの花粉症治療は夏~秋がおススメ!「免疫療法」の中身と対応病院

スギ花粉が飛散する春は、ひどい目のかゆみや腫れ、止まらないクシャミに悩まされ、大人も子供も通院が欠かせなくなります。現在は、点鼻薬や内服薬で目のかゆみやクシャミを抑えたり、鼻の粘膜のレーザ治療で症状を軽くしたり、といった「対処療法」が中心…

「勉強する意味」は、こんな本を読んで「コンテクスト」を理解すること

半年ほど前に登場して大きな話題になった書籍を再度読み返してみることにしました。今も売れ続けているようなので、衆目を集めるテーマなんでしょう。人工知能(AI)と人間の大きな違いは「読解力」であり、物事の意味を理解して、柔軟に新たな価値を生み出…

「魑魅魍魎が住む公立」に子供を進学させない私立出身の魑魅魍魎な父親

「公立には魑魅魍魎が住んでいる」とまで言われてしまうと、幼稚園から大学まで公立で過ごしてきた身としては、「うん、住んでるよ。それがどうした?」と、ついツッコミを入れたくなってしまう。子どもも保護者も先生も、得体の知れない化け物みたいなもの…

「夏の宿題代行」をフリマ(メルカリ)や業者に頼る問題が発生する原因

文部科学省とフリマ・オークション大手3社(メルカリ、楽天、ヤフー)は、宿題代行行為の根絶に向けた合意を発表しました。これにより、代行行為や完成品の出品・取引は禁止となって、見つかったものから速やかに削除されていくことになります。ところで、…

- 敏感の彼方に -