敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

子育てと教育

「万匹家族」じゃなくても互いに「シェア」すれば家族は成り立つと思う

「マンビキカゾク」と初めて聞いた時、最初に頭に浮かんだ漢字は「万匹家族」だった。いつかは観ることになるんだろうけど、まだ観ていない。こんなに話題の映画で、たくさんのレビューが既にあちらこちらに散見される中、敢えて未鑑賞の今、自分の中の「家…

目黒のような事件で発せられる数々の正論は、正しいがゆえに苦しくなる

東京都目黒区のアパートで、また悲しい事件が起きた。詳細は書かない。事件の詳細をここで詳しく書いても仕方がないし、こんなアホみたいなブログで詳細を記すこと自体、被害者の気持ちを思うと、何となく申し訳ない気持ちになる。事件のことは、新聞や TV …

【中学受験】子どもを守る「どう転んでも正解」という出口戦略の考え方

嬉々として中学生活を送るムスメAは、公立中高一貫校の受験(受検)でズッコケたため、地元の公立中学校に通っています。中学受験なんて、その後の人生で乗り越えるべき山々の1つに過ぎませんが、目の前に挑戦しがいのある山がそびえ立っているのに、それ…

【お節介投稿】「2度目の人生」で「生きる意味」を教えてくれる子ども

以前、先輩に衝撃的な歌を教えてもらいました。「私は子供が嫌いです」から始まる伊武雅刀さんの「子供達を責めないで」(1983年、作詞:秋元康)という一曲です。自分の経験でも、確かにこの曲の通り、子育ては大変です。ただ、「大変」で思考停止するのも…

【誕生!】赤ちゃんの泣き声を翻訳する無料アプリ「Chatterbaby」使い方

赤ちゃんの泣き声から、泣いている原因を推定できるスマホアプリが登場しました! カリフォルニア大学(UCLA)の先生が考案したこのアプリでは、人工知能(AI)の機械学習を用いた独自のアルゴリズムで乳幼児の泣き声を解析して、「不機嫌」「空腹」「痛み」…

大人脳で考えても答えの見つからない「生きる意味」は子どもの中にある

1年ほど前に読んだ泉谷閑示さんの「仕事なんか生きがいにするな」が気になって、パラパラと再読してみました。精神医学から哲学、心理学、文学、宗教まで縦横無尽に駆け巡り、「生きる意味」が「子どもらしさ」の中にあることを示唆してくれます。子どもの…

[翻訳・英会話のアプリ 13 選]外国語は機械や人工知能(AI)に頼る時代

もはや外国語(英語)の会話や学習は、機械や人工知能(AI)に頼れば済む時代です。今回は、主に人工知能(AI)を利用した自動音声翻訳の機器やサービス、英会話練習用のアプリケーションなどを紹介します。人工知能(AI)の進歩は凄まじく、すでに TOEIC 換…

[洋書のすすめ]英語学習や英語慣れのための上手な本の選び方・読み方

【英語脳の育て方】おススメする「洋書」の選び方・読み方を簡単にまとめてみました。自動翻訳の台頭で、英語力の必要性は相対的に低くなりつつあるものの、言語の違う他者と「生」でコミュニケーションできる喜びは、やはり何物にも代えがたいものがありま…

通信教育Z会の自主学習|「勉強はほどほどに」と7年間言い続けた結果

子どもが小学校に入って以降の7年間、親として「勉強はほどほどに」と言い続けてきた結果、子どもたちは、自主的かつ計画的に、学校の勉強や通信教育(Z会)の学習に取り組んでくれています。通信教育は、自主性や計画性を養うのにもってこいの教材ですが…

そのランドセルたぶん重すぎます|入学・始業前に測ってみてね

【そのランドセルたぶん重すぎます|入学・始業前に計測を】この春、ムスコNが小学生デビューを果たします(ピース!)。ランドセルは、しっかりと「ラン活」済みです。そのランドセルですが、教科書のページ増の影響で、重量がかなり子どもの身体への負担…

【英単語の暗記法・記憶術】効率的に覚えて忘れない勉強のコツ

「英単語」を効率よく覚えて忘れない記憶術のコツとして、認知心理学の考え方に沿った6つのレベル別に暗記する方法を紹介していきます。レベル1(初級)は単なる「丸暗記」なので簡単ですが、レベル6(上級)へと上るに従って、テクニックは難しくなりま…

ベビーカーや車椅子におすすめルートの道案内|Google マップ

ベビーカーや車イス、松葉づえ利用者が移動しやすいルート(経路)を検索できるようになってきています。Google(グーグル)が提供するアプリ「Google マップ」です。この記事では、Web版の「Google マップ」を使って、ベビーカーや車イスにおすすめのルート…

[幼児・子供の英語]教室に通うときおススメしたいこと7つ

子ども3人、同じ英語教室に通っています。ただ、「子どもたちにペラペラになって欲しい」という気持ちはほとんどなく、「異文化への入口となる外国語に接する」ことで、たとえ言葉が十分に通じなくても、(国内外問わず)誰とでも(それなりに)物怖じせず…

体罰で加速するブルース&ロック|愛叫ぶ子供とのコントラスト

昨日、ムスコNの幼稚園で、園生活の1年の締めくくりとなる「発表会」があり、仕事を抜け出して見に行った。ミュージカルあり合奏あり合唱あり、盛りだくさんの2時間だった。合唱では、「できると信じること」「愛さえあれば」などのフレーズがたくさん出…

ムスメの黒板「先生たちの会議があるため、授業ができません」

ある日の早朝、ムスメSが昨年のクリスマスにもらった念願の「ミニ黒板」を何気に見てみたら、あるお知らせが・・・。思わず立ち止まって数分考えたが、何のためにこれを書いたのか分からない。分からないから、本人に聞いてみた。【ネズジロー】

【受験・勉強の暗記法・記憶術】効率よく覚えて忘れないコツ

受験勉強や普段の勉強の中で苦労したり工夫したりして若い頭に叩き込んだ膨大な知識・情報というのは、そう簡単に色あせるものでもなく、意外に何年も何十年も頭の中に残っているものです。また、受験勉強の中で身に付けた暗記法や記憶術というのは、社会人…

[関西の子連れ・日帰りスキー場]スキー歴 30 余年のオヤジ選

昨日、総勢7名で、今シーズン初のスキー・スノーボードを楽しんできました。朝9時から夕方16時ごろまで、スキーとスノボをトコトン満喫しました。これまでに外国や信州、岐阜県や滋賀県のスキー場で 30 余年の経験を積んできたオヤジが、子連れ(ファミリ…

【コスパ的考察】恋愛・結婚・出産には 16 通りの選択と可能性

最近、「コスパが悪い」と不評の恋愛・結婚・子育て。「コスパ」とは、「投資に対してどれだけの見返りがあるか」ということです。そして、恋愛も結婚も子育ても単なる「選択肢」となってしまった今、コスパ的に考えるなら、それらを選択する理由はもはや無…

[ゲームと子ども]依存症や中毒の防止に効果がある7つの夢中

去年のクリスマスにプレゼントした「ニンテンドークラッシックミニ」から、子どものゲームのハマり方に少し恐怖を覚えて、ゲーム依存・中毒にならないための「予防策」を考えることにしました。基本は、「ゲームをやらない時間を作る」ことなのですが、その…

それでも「サンタはいる?」ムスコに言質を求められたゆでダコ

もうすぐクリスマスだ。この時期に毎年思うのは、「子どもに何歳までサンタクロースを信じさせるか?」ということ。ボクの場合は、小学5年生あたりまで信じていたように思うのだが、記憶が非常に曖昧だ。ツマMは、小学1年生ぐらいまでの夢だったらしいが…

[英語の翻訳]TOEIC 900点超えの人工知能(AI)と人間の未来

機械翻訳(自動翻訳)の発想が生まれてから 70 年。その実力は、人工知能(AI)の進歩により、TOEIC に換算して既に 800 ~ 900点とも言われています。また、Google は先日、自動翻訳機にもなるワイヤレスイヤホン「Pixel Buds(ピクセルバズ)」を発表しま…

「自分らしく」を子どもに求めるのは酷なんじゃないかという話

近頃は、「男らしく」や「女らしく」という表現がすっかり影を潜め、「自分らしく」という魔法のようなフレーズをよく聞く気がする。しかし、この「自分らしく」というのは、大人と子どもとでは捉え方が異なるのではないかと思い、少し考えてみた。大人でも…

ムスコが「住みたい」と言った京都科学センター|子連れで GO!

先日、ムスメSとムスコNを連れて、京都市青少年科学センター(科学館)に遊びに行きました。展示は、全館で 100 ほどもありますが、ここでは子どもたちが気に入った展示や、比較的新しい展示を中心に紹介します。センターのサイトでも確認できるのですが、…

勉強は「怒られないように」やるもの?【自主的な勉強の価値】

中学生のムスメA。定期テストが終わって、答案がボチボチ返ってきている。見せてくれた。総じて良い成績だと思う。そんなムスメAが一言。「親が怒る家の子は、だいたいワタシより点数が良かった」。予想外の一言にたじろぐボク。勉強は「怒られないように…

行儀よく「イクメン」なんてクソ喰らえと思った

福沢諭吉が米国から最初に乳母車を持ち帰ってから 150年。夫婦の家事・育児分担もテーマの1つであったダスティン・ホフマン主演の「クレイマー、クレイマー」が公開されてから 37年。「イクメン」が流行語大賞トップ 10 に選出されてから7年。いろいろあっ…

絵本 5,000 冊おやじが気付いたどうでも良いこととおススメ本

ボクことオヤジは、10年ほどで絵本を5,000冊!読み聞かせてきました。それは、ただ「面白いから」なんです。そして、絵本を5,000 冊読んで、どうでも良いことに気付いてしまいました。そんなボクが、父親の読み聞かせにおススメの本を紹介します。【ネズジロ…

幼児教育では言葉や計算のジャングルを彷徨えば良いと思った

『ちいさい言語学者の冒険』を読みました。「カニに刺された」「とうも殺し」「ぱんつくったよ」などなど、多くの幼児に共通のエピソードを通して、言語の世界を一緒に冒険できます。また、幼児教育における文字や計算の習得について考えさせられました。【…

[大学入学共通テスト]変更点から問題例・対策までを総まとめ|追記 2018.3.27

国公立大学の入試改革に伴い、東京オリンピックの時に高3の人(2002~2003年生まれ)が、センター試験の代わりとなる「大学入学共通テスト」を初めて受験することになります。そんな2020年度の大学入試改革について、試験内容のほか、試験日程、試験時間、…

- 敏感の彼方に -