敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

「万匹家族」じゃなくても互いに「シェア」すれば家族は成り立つと思う

「マンビキカゾク」と初めて聞いた時、最初に頭に浮かんだ漢字は「万匹家族」だった。いつかは観ることになるんだろうけど、まだ観ていない。こんなに話題の映画で、たくさんのレビューが既にあちらこちらに散見される中、敢えて未鑑賞の今、自分の中の「家…

少子化問題の解決には「中途半端な大卒」を減らすのが有効、という仮説

変化が激しいこの時代に、会社や世間からの圧力も強い中、「不確実性」の権化のような乳幼児を育てていくことには、不安ばかりが募ります。やはり、少子化問題を解決するには、「子を持つ」ことの障害となる様々な不安を少しでも解消していくしかないのかも…

【インフルエンサーの産声】有名人たちの「はじめの一歩」な投稿に学ぶ

政治家、起業家、芸能人・タレント、アスリート、ブロガーなどなど、インフルエンサー(影響を与える人)と呼ばれる方々の「はじめの一歩」となる一番最初の投稿を集めてみました。有名人の産声を集めた結果として、何か見えてくるでしょうか? 自分の発信の…

目黒のような事件で発せられる数々の正論は、正しいがゆえに苦しくなる

東京都目黒区のアパートで、また悲しい事件が起きた。詳細は書かない。事件の詳細をここで詳しく書いても仕方がないし、こんなアホみたいなブログで詳細を記すこと自体、被害者の気持ちを思うと、何となく申し訳ない気持ちになる。事件のことは、新聞や TV …

ストレスに弱い方が人工知能と上手く付き合っていけそうだ|HSP vs. AI

過去3度目の人工知能(AI)ブームである。今回は、ブームが長く、いろんな成果も上がっている。AI をベースとした様々なサービスによって、生活はますます便利になっているけれど、広告や商品、サービスなどの「おススメ」が多すぎて、食傷気味でもある。そ…

Google アシスタントで「ぐるなび飲食店」を検索・予約する方法と注意点

飲食店の手配が急きょ必要になった場合でも、いちいちウェブで検索して電話で予約を入れる必要は、もうありません。スマホに話かけるだけで、今いる場所の近くの飲食店が自動的に表示され、候補の中から利用したいお店をタップすれば、簡単に予約ができてし…

【みやぞん 24 時間ラン】「苦しみを『作って』共感する」スタイルの限界

24 時間 TV のチャリティランナーが、「ANZEN 漫才」のみやぞんさんに決定しましたね。運動神経抜群な彼の体力に頼って、マラソンだけではなく、トライアスロン形式で水泳や自転車も加わる、とのことですが、「暑さ」「睡眠不足」という苦しみに加えて、「水…

【中学受験】子どもを守る「どう転んでも正解」という出口戦略の考え方

嬉々として中学生活を送るムスメAは、公立中高一貫校の受験(受検)でズッコケたため、地元の公立中学校に通っています。中学受験なんて、その後の人生で乗り越えるべき山々の1つに過ぎませんが、目の前に挑戦しがいのある山がそびえ立っているのに、それ…

【お節介投稿】プロフィールにお嬢の写真を載せているパパさんにひと言

本日のお節介投稿です。SNS(ついった、いんすた、など)で、プロフィール欄に自分のお子さんの写真を載せている男性(パパさん)や女性(ママさん)を見掛けますが、やめましょう。溺愛していることは十分に伝わってくるのですが、「子ども溺愛」感が前面に…

【お節介投稿】「2度目の人生」で「生きる意味」を教えてくれる子ども

以前、先輩に衝撃的な歌を教えてもらいました。「私は子供が嫌いです」から始まる伊武雅刀さんの「子供達を責めないで」(1983年、作詞:秋元康)という一曲です。自分の経験でも、確かにこの曲の通り、子育ては大変です。ただ、「大変」で思考停止するのも…

【W杯ロシア】何となく終わるのイヤだから「日本優勝」宣言して欲しい

完全なる門外漢ながら、サッカーのワールドカップを毎回楽しみにしている。毎回、グループリーグの組み合わせが決定すると、それを毎夜のように頭の中で料理しながら寝付くのが楽しみな程度に、サッカーが好きなのである。本大会前、日本代表はいつも「ひょ…

【誕生!】赤ちゃんの泣き声を翻訳する無料アプリ「Chatterbaby」使い方

赤ちゃんの泣き声から、泣いている原因を推定できるスマホアプリが登場しました! カリフォルニア大学(UCLA)の先生が考案したこのアプリでは、人工知能(AI)の機械学習を用いた独自のアルゴリズムで乳幼児の泣き声を解析して、「不機嫌」「空腹」「痛み」…

HSP「誰かが困っている『状況』が苦手」な性質のメリット・デメリット

HSP

HSP(感受性が強く、他人の気持ちに敏感すぎる人)は、その過敏すぎる性質を利用して、群れや集団を外敵や将来の危険から守る「見張り番」の役割を遺伝子レベルで担っている、という一説もあります。そして、「誰かが困っている『状況』が苦手」という気質を…

約10年後の「ウェブ進化論」は、自由なフロー型「自分探し」の本だった

自宅の書棚に置かれた『ウェブ進化論』がたまたま目に入り、もう 12 年も前の当時、大きな話題となったこの書籍をパラパラと再読してみることにした。「ロングテール」や「ネットのあちら側/こちら側」といった新しい概念の定着に一役も二役も買った書籍だ…

アカデミー賞の選外確実な「人生」を演じながら「生きる意味」を考える

先日の記事『大人脳で考えても答えの見つからない「生きる意味」は子どもの中にある』に引き続き、軽量級の脳ミソで「生きる意味」を考えます。俳優・山崎努さんが8歳のころに感じた「演技している」に深く共感します。人間というのは、社会との折り合いを…

大人脳で考えても答えの見つからない「生きる意味」は子どもの中にある

1年ほど前に読んだ泉谷閑示さんの「仕事なんか生きがいにするな」が気になって、パラパラと再読してみました。精神医学から哲学、心理学、文学、宗教まで縦横無尽に駆け巡り、「生きる意味」が「子どもらしさ」の中にあることを示唆してくれます。子どもの…

足ヒヤッ![京都・下鴨]御手洗(みたらし)祭の日程・楽しみ・豆知識

毎年、夏が近づくと、土用の丑の日前後に行われる「足つけ神事」が楽しみです。20 度以下の湧き水に膝まで浸かりながら、ロウソクを献灯して、無病息災を祈願します。その水の冷たいこと! 頭のてっぺんまで激震が走ります。この神事は、「御手洗(みたらし…

UFO のキャベツがフタに付かない構造を求む[アンチ・キャベバンバン]

日清焼そば U.F.O. のふた裏のキャベツを除去する装置がお目見えしました。クラウドファンディングでの予約受付が始まっています。その名は、「キャベバンバン CBB-001」です。クラファンは、5月31日午前10時までの受け付けで、予約数が 1,000 個に達した場…

【情報ダイバーシティ】人工知能 AI やロボットに負けない情報の食べ方

もう6~7年前のことと思いますが、「フィルターバブル」という言葉が話題になりました。自分に都合のよい情報だけを取り込む状態です。慣れ親しんだ情報や過去のパターンに従っていれば、あまり深く考える必要もなく、楽で安心できますからね。でも、残念…

【世界労働遺産】月 150 時間残業を数カ月続けた結果こうなった《実録》

「働き方改革」関連法案の審議が進められていますね。この法案の中でも、長時間労働の是正は、特に大きな柱となっています。今後は社会全体として、労働時間や残業時間の短縮へと進んでいくことになるのでしょう。ということは、月に何十時間も残業すること…

【明るい夫婦生活】理想の上司像が「ブラック家庭」の防止にも役立つよ

働きやすい職場環境を維持するための「上司の心得」のうち、「傾聴」と「か・り・て・き・た・ね・こ」が「ブラック家庭」の防止にも役立ちそうなので、その方法論を考えてみたいと思います。日本は少子高齢化が進み、今後は労働人口が大きく減少していきま…

[翻訳・英会話のアプリ 13 選]外国語は機械や人工知能(AI)に頼る時代

もはや外国語(英語)の会話や学習は、機械や人工知能(AI)に頼れば済む時代です。今回は、主に人工知能(AI)を利用した自動音声翻訳の機器やサービス、英会話練習用のアプリケーションなどを紹介します。人工知能(AI)の進歩は凄まじく、すでに TOEIC 換…

【ZOZO おまかせ定期便】キッズの申し込み方法と子どもの試着レビュー

「ZOZO おまかせ定期便」に興じる 親の姿を目の当たりにして、「ZOZOTOWN」と書かれた真っ黒な箱が届くたびに興味津々となっていたムスメが、「アタシもやってみたい」ということになり、試してみることになりました。スタイリストがコーディネートしてくれ…

【ZOZO おまかせ定期便】第3便キタ! レビュー&感想|今回は全品返品

「ZOZO おまかせ定期便」が早くも3巡目に突入しました! スタイリストがコーディネートしてくれた洋服やファッションアイテムを定期的に受け取れるスタートトゥデイ(ZOZOTOWN)のサービスです。自宅で手持ちのアイテムと見比べながら試着して、気に入った…

【読者投稿】自分のことを初めて「オレ(ワタシ)」と呼ぶ時の恥じらい

新聞の読者投書欄で、「自分のことを『オレ』と呼べるようになりたい」というかなり深刻で切実な投稿を見掛けた。幸か不幸か、日本語には、一人称名詞が豊富に存在するため、成長のどこかの段階で、いずれかの呼称を選択しなければならない。特に、「ボク」…

【ゲーム化社会】人間は「暇つぶし」の課題を探しながら死ぬまで旅する

乳幼児が微動だにせずスマホの動画やテレビに釘付けになっているのを見掛けると、「この子は、まだ生まれていないんじゃないか?」という錯覚を覚える。ほぼ同じ位置で光と音を感じているだけなので、母親のおなかの中にいる状況とさほど変わらない。人間は…

鳥取砂丘にまでクマが出た・・・今年も熊の出没・遭遇を覚悟して山歩き

この夏、まだ小さなムスコNを連れて夜間登山するつもりだけど、全国的にクマの目撃情報が増えており、少し警戒が必要だ。とうとう鳥取砂丘でも、クマの足跡が見つかった。かなり稀なケースらしい。今年は、秋田県などでも、かなり高い頻度でクマの目撃情報…

【空きロッカーをスマホで簡単検索】JR大阪・新大阪・京都駅の利用状況

不慣れな駅でウロウロしてロッカーを探し、やっとたどり着いたと思ったら、目の前のロッカーが全部埋まってる、なんて経験ありませんか? 観光シーズンや週末の大きな駅やターミナルでは、ロッカーがすぐに埋まってしまいますよね。そんな不都合を解消すべく…

【寄付×売名 その3】「過去に投資する」という発想で母校に寄付をする

寄付しながら売名(報告)も積極的に行う活動の第3弾。今年も、母校の大学からやってくる寄付のお誘いに軽々と乗ってしまった。このようなお誘いに乗る理由は主に2つ。1つは、お世話になった大学への恩返しのつもり。もう1つは、「大学」という過去を通…

【自動ペナルティ】検索流入によるアクセス・PV 低迷時の確認・検討事項

検索アクセスがいきなり数百 PV ⇒ 2桁に下落してから約1カ月、「果報は寝て待て」に従って淡々と記事をアップしてきましたが、1カ月経ったのを機に、チョコチョコといじってみることにしました。その結果、「リライト」「記事分割」「エイジングフィルタ…

- 敏感の彼方に -