敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

[子供英語]中学で単身渡米するまで10年以上習い続けたコツとメリット

子ども3人、同じ英語教室に通っています。ただ、「子どもたちにペラペラになって欲しい」という気持ちはほとんどなく、「異文化への入口となる外国語に接する」ことで、たとえ言葉が十分に通じなくても、誰とでも物怖じせずコミュニケーションできるように…

【あなたのインフルエンサー階級は?】日本に現れた新型カーストと格差

「インフルエンサー(Influencer)」という言葉が当たり前の世の中になっています。そこで、弱小インフルエンサー(= 筆者)の独断と偏見で、「インフルエンサー」と呼べるフォロワー数や、インフルエンサーの階級(経済的な格差をもたらす新しいカースト制…

子育て中の「世界から置いてきぼり」恐怖はほぼ克服できたと思う父育児

ブラック企業並みのグレー企業で散々働いてきましたが、結婚 → 出産(その1)→(その2)→(その3)というイベントとともに、「自分だけ、世界に置いていかれる!」という恐怖感を胸に抱きつつ家事・育児に精を出しながら、少しずつその恐怖を克服し、最終…

【脱真実】トランプ流が家庭や夫婦間の「平和賞」に貢献できそうな理由

「トランプ大統領 = ノーベル平和賞」を安倍総理大臣が推薦した、というまさかのニュースが流れています。「ポスト真実」の代名詞となり、フェイクニュースの牽引役のようにも見えるトランプ大統領がノーベル平和賞に輝く姿を想像するのは非常に心苦しいの…

現代の黒船『グーグル』が日本に初上陸した時の様子を調べて面白かった

FAANG(Facebook、Amazon、Apple、Netflix、Google)と呼ばれる『現代の黒船』を代表して、まずは Google(グーグル)のことが日本で最初に一般向けに報じられた際の様子を調べてみることにしました。日本最古のグーグル紹介記事は、20世紀最後の5月の時事…

ざんねんないきもの【人間版】第2位:モノサシを1つしか持ってない人

人間版「ざんねんないきもの」第2位の発表です! 少し前に、独断と偏見で第3位「『運』と『実力』を勘違いする人」を決定しましたが、今回は第2位「モノサシを1つしか持たない人」について、好き放題に書いてみたいと思います。世間では「自分のため」と…

システムに組み込まれた人間の「寿司ネタ・唐揚げ・おでん」による抵抗

「すき家」「くら寿司」「ビッグエコー」「セブンイレブン」などで、(学生)バイトによる不適切な行為が集中していますね。「汚い!」「バカだ!」というまっとうな意見や、「損害賠償させろ!」という怒りや、「非正規・低賃金のせいだ!」という憐れみな…

【一般ピープル人生論】「デキる」と行動を増やした先の「自分らしさ」

「好きなことを仕事にする」というフレーズを最近よく耳にします。確かに「好き」だけで人生を走り抜けられればハッピーですが、それが可能なのは一部のラッキーな人だけだと思うのです。一般ピープルとしては、「スキ」以外に「デキる」「やりたい」「なり…

ざんねんないきもの【人間版】第3位:「運」と「実力」を勘違いする人

今もよく売れている『ざんねんないきもの事典』にあやかって、人間版の「ざんねんないきもの」を考えてみたいと思います。完全なる独断と偏見で、栄えある第3位は、「運を実力の結果と勘違いしている人」です。それは、「アイドルを目指せ!」と叫ぶアイド…

PayPay 第2弾「100億円祭り」を賢くおトクに利用する方法|還元率 Max

PayPay の「100 億円還元キャンペーン」(第2弾)を賢くお得に利用するため、1回当たりの支払い額をいくらにすればよいのか、考えてみました。また、キャンペーンの継続期間を簡単に予測してみました(その結果は「1ヵ月!」)。無駄なく(最大の還元率で…

「勉強が一番大切」という魔の思考停止|人は何のために勉強するのか?

何のために勉強を「する」のかは分かりませんが、何のために勉強を「しない」のかは、ある程度はっきりしているような気もします。毎年のように聞こえてくる、「勉強が一番大切だろ?」という魔の思考停止フレーズは、人工知能(AI)などのテクノロジがもた…

夫婦生活の必需品|こだわりの断捨離・気付いた方がやる習慣・セックス

世間では、不倫や DV・パワハラなどを含めて、結婚生活は「怖くて難しいもの」という印象がすっかり定着しつつあります。我が家もたくさんの危機に直面してきましたが、気付いてみたら 10 年以上が経過し、子育ての嵐もひと段落して「凪」の穏やかさをヒシヒ…

「アイドルをめざせ!」と言うアイドルが詐欺師にしか見えない件 bye嵐

ジャニーズ「嵐」の活動休止が発表され、世間を大きく騒がせました。その「嵐」のようなアイドルというのは、必ずしも何か特別な才能を持っている必要はなく、たまたまその時代に背中を押されてステージに立つことになった偶像に過ぎません。一方、ネットや …

スマートスピーカになった父親の「期待しない」子育て論|サヨウナラAI

スマートスピーカを持たない我が家では、私にスマートスピーカの役割が回ってきています。自分自身が家族のインフラや結節点となって、なくてはならない存在でいられるのは悪い気がしませんし、勉強や日々の生活を含めて、家族の関心事や行動予定などが自然…

【毒親とロールモデル親】子供にとっての「あるべき親像」幻想との闘い

親を手本として自分の子どもを育てられるなら、こんなに楽なことはない。けれど、同じ親に育てられたからといって、兄弟姉妹が同じ「親像」を頭に描いているとは限らない。片や尊敬・感謝の念を持ち、片や恨み・毒心を抱いていることもままある。同じ事象に…

足が壊死した文鳥のお家リフォーム[小鳥とケガとバリアフリーの記録]

不慮の事故で片足が壊死してしまった文鳥のその後です。順調に回復してきましたので、そろそろ元のお家に戻してあげようと、バリアフリー化のリフォームを行いました。基本は、床の底上げ、床の汚染防止とクッション性の確保、身体に優しい止まり木の追加、…

Not「男らしさ/女らしさ」but「人間らしさ」|#MeToo 支持 CM の見方

日本では『純烈』の友井メンバーが暴力や金銭のトラブルを起こした挙句に芸能界を引退してしまいましたが、米国では、男性用カミソリで知られるジレット(Gillette)社が、「男らしさ(セクハラ・暴力 etc)」に警鐘を鳴らす運動を展開しています。いずれも…

【涙】文鳥が壊死で片足を失おうとしている|ケガと障害と回復の軌跡

およそ1年前に我が家の一員となった文鳥「おもち」の身に、正月早々、大きな不幸が訪れました。金属タグ(バードリング or 足環)が引っ掛かって、左足が壊死してしまったのです。以前、タグを外そうか考えた時期もあるため、後悔の念ばかりが湧いてきます…

【キャッシュレスを徹底理解】電子マネーやスマホQR決済の種類・歴史

現金以外の支払い方法が増えすぎて困っていませんか? そこで、現金以外の決済方法(キャッシュレス決済)を種類別にまとめてみました。「クレジットカード」「デビットカード」「電子マネー」「モバイル決済(QR コード決済/バーコード決済)」の各例を中…

【少子化問題】資本主義ゲームの「夢」と出産・育児の阻害原因との関係

「かんおけ型」人口ピラミッドの下半分が完成に近づく今後数十年は、「少子高齢化」の話題が途切れることはないでしょうから、現状や未来予想を含めて、いま思うところを少しずつ書き留めていこうと思います。資本主義ゲームから降りた「ヤンキー」や「古風…

【フリーランスの休み方】成功に導くコツは睡眠や休息の戦略的な取り方

フリーランサーに「サザエさんブルー(症候群)」は起こりませんが、その代わりに、「明日も同じ仕事がある」保証もありません。それで働き過ぎになってしまうのですが、本当に必要なことは、しっかりと戦略的に休息を取って、心身ともにパフォーマンスを最…

【強い本番力】受験や試合でプレッシャーに負けずに実力を発揮する方法

入試やテスト、試合や発表会(スピーチ)など、大きなプレッシャーの掛かる場面では、いかに自分の力を出し切れるかが結果を左右します。そのような「強い本番力」を発揮する方法を紹介します。具体的には、本番を想定した「プラス方向のイメージトレーニン…

ボヘミアン・ラプソディのあの「風」に吹かれるような淡々とした運命を

浮き沈みしているのは自分だけで、「運命」はいつも淡々としている。あのボヘミアン・ラプソディの、あの「風」のように。

もう「ふるさと納税」の返礼品は「千と千尋」のお肉でいいんじゃないか

自治体間の税収移転を目指す「ふるさと納税」制度が、ますますおかしな方向へと進みつつあります。庶民の一人として制度をトコトン楽しめば良いのでしょうが、「千と千尋の神隠し」で父母がむさぼるお肉が頭をよぎり、どうも楽しめません。「寄付」という名…

【実録】小学校に対する署名活動ほか:子どもファーストの行事を求めて

子どもたちが通う小学校に対して実施中の「署名活動」などの実録です。あくまでも補佐的な立場ですが、運動会や学習発表会といった行事がもっと「子どもファースト」であって欲しいと願っての参加です。教員の働き方改革や「組体操」を含めた児童の安全面に…

[エホン虫]プロおすすめ絵本 650 冊から人気 10 作品を絞り込んだ結果

絵本作家・イラストレータ・デザイナー 130 人が選んだ 650 冊の絵本の中から、2人以上が重複して選定している絵本を 10 冊、選者の「選んだ理由」とともにメモっておくことにしました。これまで、5千冊以上の絵本を読み聞かせしてきましたが、まだまだ出…

【通知表の成績】普通の小学生「オール3」までの軌跡・勉強方法まとめ

小学5年生のムスメが、3段階評価で「オール3」の通知表をもらいました。地頭は決して良いわけではありませんし、ボクら夫婦が「教育ママ・パパ」なわけでもありません。そんなごく普通の家庭の我が子たちが、小学5年生で「オール3」を修めるまでの軌跡…

【副業(複業)を失敗しないコツ】正しいリスク分散とブルーオーシャン

「副業」を「複業」にできれば、安心感が高まるため、独立するハードルが低くなります。この記事では、特にフリーランサーとして複業(副業)を始める場合の「失敗しないコツ」をまとめていきたいと思います。その基本は、「正しいリスク分散」=「やりたい…

「サンタ🎅」と「ウンチ💩」は『くる!』と思った人にやって来る家訓

メリークリスマス! 最初に言い切ってしまいますが、クリスマスは、親の自己満足のための行事です! 我が家の場合、小学6年生まではサンタクロースからプレゼントをもらうことになっているのですが、学校では色んな噂が飛び交いますので、毎年のように「サ…

【夢を諦めて幸せを追いかける生き方】自分に合った夢を見る3つの方法

ネットや SNS が発達したせいで、もはや埋めることができないほどの格差が拡がってしまったというのに、一方でネットや SNS 上には、たまたま格差上位になれたに過ぎない人々の、夢のような話がたくさん転がっています。とっても「不条理」に感じますよね。…

- 敏感の彼方に -