敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

絵本 5,000 冊おやじが気付いたどうでも良いこととおススメ本

 

 

絵本、いいですね。

 

子どもたちが生まれるまでは、これっぽっちも興味ありませんでしたが、子どもに読み聞かせるようになってから、大きく変わりました。人間って、何がきっかけになるかホント分かりません。

 

なるべく毎晩、寝る前に絵本を読んであげます。

 

基本的に、毎日ちがう絵本を読むので、家にある絵本だけではまったく足りず、図書館をよく利用します。

 

1回に 20~30冊を、期限の2週間にわたって借ります。期日が来たら、子どもと一緒に図書館へ出かけ、絵本を返します。

 

絵本を返した後、「好きな本を持っといで」と言うと、子どもがだいたい集めてきます。よほど難しくない限りは、集めてきた絵本をそのまま借ります。

 

ボク自身も、話題の絵本や広告で見た絵本、懐かしい絵本(かこさとしさん、せなけいこさんの絵本など)を見掛けたら、一緒に借ります(借りられる数に限りがあるので、上限を超えたら、子どもにはじかれます・・・)。

 

2週間で20~30冊ですから、1年で約500冊。それを 10 年ぐらい続けていますので、

5,000冊!

 

借りた本の数をあまり意識したことはありませんが、改めて考えると、自分でも驚きです。これだけ継続できているのは、義務感などではなく、ただ「面白いから」。面白いから習慣になりました。

 

そんな5,000冊も読んできたボクですが、手当たり次第に読むスタイルなので、子どもがどの本に食いついていたかなどは、あまり覚えていません。

 

ただ、ムスコNがものすごく気に入って10回以上借りた本があり、それはよく覚えています。「すうじのき」という絵本です。

 

 

もともと数字が好きなようで、表紙に数字が並んでいるのを気に入って、自分で持ってきました。毎晩のように「読んで!」ということになり、とうとう最後には暗唱していました(2~3歳のころ)。

 

そのうちに興味がなくなったようですが、この絵本のおかげもあって、6歳になった今も数字や計算が大好きですね。

 

最近、いろんな意味で印象に残ったのは、「えんとつ町のプペル」。

 

 

内容や売り方に賛否が渦巻いていますが、長く話題にもなっています。いろんな仕掛けが、狙ったものなのか偶然の産物なのか、など、大人としては考えることがたくさんあります。ただ、幼児にはちょっと難しような気もします。美しい絵は、きっと心に残ると思いますが・・・。

 

・・・・・・・・・・

 

ところで、お風呂の場面が登場する絵本、結構ありますよね。

 

そして、お風呂の場面には、必ずと言ってよいほど登場するモノがあります。

 

うちにある本を確認してみました。

 

まず、鈴木のりたけさんの「ぼくのおふろ」。うん、登場していますね。

 

小風さちさん、山口マオさんの「わにわにのおふろ」では、大きく登場します。

 

いわいとしおさんの「ちか100かいだてのいえ」にも、登場します。

 

植垣歩子さんの「にんじん、だいこん、ごぼう」にも、やっぱり登場します。

 

島田ゆかさんの「うちにかえったガラゴ」では、緑色で登場しますね。

 

こしだミカさんの「くものもいち」にも、しっかりと登場しています。

 

とにかく、うちにある絵本では、お風呂の場面で100%、あるモノが登場します。

 

そう、これです。

f:id:nezujiro:20171116060114j:plain
ア・ヒ・ル

 

なぜでしょう?

絵本作家さんの間では、暗黙の了解となっているのでしょうか。

絵本作家さんのおうちには、このおもちゃが必ずあるのでしょうか。

それとも、全日本絵本作家児童文学作家育成保護連絡協議会的な組織の規約などにおいて、アヒルの使用が義務付けられており、罰則も定められているのでしょうか。

 

絵本を 5,000 冊も読んで気付いたことは、こんなどうでも良いことでした・・・。

 

・・・・・・・・・・

 

さて、絵本 5,000 冊でどうでも良いことに気付いたボクは、今でこそ、どんな絵本でも手当たり次第に読み聞かせしますが、最初は戸惑いもありました。その理由は・・・

  • そもそも面倒・時間がない
  • 本の選び方が分からない
  • 本の読み方が分からない
  • マジメな内容の本は何となく恥ずかしい  など

 

慣れればどれも大した問題ではないのですが、最初はこのような壁が立ちはだかります。

 

そんな壁を乗り越えるには、何よりパパ自身が楽しめる本を読むのが一番です。

 

その1つが、ウンチ・オシッコ系の絵本です(テーマがテーマだけに、女の子よりも男の子に読んであげることを想定しています)。

 

世間で「うんこ漢字ドリル」が流行っているように、男子たるもの、ウンチ・オシッコ系がやはり安心できるのです!!(と、言い切ってしまいます)。

 

というわけで、マジメな絵本は母親に任せるとして、ここでは、お父さんがとっつきやすい絵本を独断と偏見で3つ選びました。

 

うんちしたのはだれよ!

まずは、ドイツ代表のこちら。

 

ある日、モグラくんが地面から顔を出したときに起こったある「事件」から話は始まります。犯人捜しを進めるモグラくんに降りかかる数々の試練。そして・・・。

 

絵も、ストーリーも、オチも、そして翻訳も、よくできていますねぇ。

 

初版は 1993 年で、うちには 2000 年発行の第 35 刷があります(親戚からのもらいものです)。

 

子どもたちにせがまれて、今までに何度も何度も読んできました。

 

うんちっち

次に、フランス代表のこちら。

 

いつも「うんちっち」しか言わないシモン君のお話です(表紙のシモン君の表情が、なんとも言えないですよね)。

 

ウンチに始まってオナラで終わるという、ウンチ系絵本の王道(?)をいく一冊です。

 

短くてリズミカルな文体、派手で奇抜な色使い、垢ぬけた翻訳。これらが、シモン君の言動と相まって、独特の世界観を醸しています。

 

人気者のシモン君は、フランスでテレビアニメにもなりました。

 

この色使いとタイトルですから、書店でも図書館でも、すぐに見つかります。

 

もっちゃうもっちゃう もう もっちゃう

最後は、日本代表のこちら。

 

著者・土屋富士夫さんの独特の作風で、2000年発行の長く愛される絵本です。土屋さんの絵本には、これまでたくさんお世話になりました。

 

オシッコしたくてデパートに駆け込んだ「ひでくん」。
でも、トイレは工事中。
その後、エレベーターに乗ってもトイレにたどり着けない。
キリン、がいこつ、妖怪などに案内してもらっても用を足せない。

 

・・・という「試練系」の一冊です。

 

そして、最後にようやく・・・というところでオチが待っています。

 

オシッコを我慢したことのある人(つまり、全人類)なら、必ず共感できる内容だと思います。

 

ウンチ・オシッコ系の絵本の中でも、特に試練系やシュール系は、ドキドキ感や共感を得やすく、笑いの要素もあって、父親も子ども(特に、男の子)もすごく楽しめます。

 

上の3冊は、どれも4~5歳ぐらいから楽しめるようになり、そして、小学生にもウケるのではないかと思います(高学年の女子だと、少し引き気味になってくるかもしれません・・・)。

 

 

 

絵本の世界は奥が深いですね。

 

子どもたちがあと何年、絵本に付き合ってくれるか知りませんが、ここまできたら、10,000冊が目標です。

 

子どもたちが付き合ってくれなくなったら、自分で借りて、1万冊を目指すしかないですね。お風呂にアヒルが浮いているかどうかを、いつも確認しながら。

 

 

 

- 敏感の彼方に -