敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

【仮想通貨とブログ】不要になった人間の遊びと「人ころがし」

 

 

ここ数年続く人工知能(AI:Artificial Intelligence)ブームのさらなる拡大と、仮想通貨(VC:Virtual Currency)や仮想現実(VR、AR、MRなど)といった「仮想」へと向かう潮流の加速について、少し考えてみました。

 

※ あまり面白くありませんので、ご注意ください。

 

人工知能はオオカミか?

20XX年、人間の仕事が人工知能(AI)に取って代わられる、と言われています。

 

ただ、言説ばかりが先走りしており、そのように言う人を「オオカミ少年」と揶揄する向きも出てきています。

 

実際にオオカミが現れるかどうかは誰にも分かりませんが、少なくとも現在の人工知能の枠組みでは、現れるとしても「子オオカミ」ぐらいと考えるのが妥当です。

 

取って代わられるのは主に非創造的な知的生産の分野であり、人間がなすべき仕事はたくさん残ると考えられます(逆に、人工知能との関係で、人間にしかできない仕事が増えることも予想されます)。

 

www.overthesensitivity.com

 

不要になる人間

それでも、少なくとも一部の仕事は人工知能に取って代わられるでしょうし、実際、そのような兆候が世界中で見られます。

 

その場合、人工知能というプラットフォーム上で「躍らせる側」か「踊らされる側」か、どちらに立つかで必然的に格差が生じます(知的生産に近い分野か遠い分野か、などにも依るでしょうね)。

 

その場合、ベーシックインカム(BI : Basic Income)の導入がかなり現実味を帯びてくるはずです。ベーシックインカム(BI)とは、生活に必要な最低限の現金を政府が全国民に支給する仕組みです。

 

ベーシックインカムがあれば、たとえ働かなくても、お金の心配なく好きなことをしながら、最低限の生活を送ることができます。そう、働く必要がないのです。

 

働く必要がないということは、搾取されることもないわけです。

 

その代わり、少なくとも「労働」という点では、「不要な人間」になるわけです(「搾取されないが、必要ともされない」という世界が何色に見えるかは、人それぞれです)。

 

そして、不要になったら、暇つぶしの方法や遊びを考えねばなりません。

f:id:nezujiro:20171227064019j:plain

 

仮想〇〇の可能性

昔から人間は、スポーツにしろ、ゲーム(将棋や囲碁なども含む)にしろ、宗教にしろ、いろんな暇つぶし(遊び)を編み出してきました。

 

そして、それらは立派な仕事(職業)となってきました。

 

極端な見方をすると、世にあるすべての仕事(職業)が暇つぶし(遊び)と言えるかもしれません。ただ単に生きるため、生きる意味を見出すため(あるいは、生きる意味を考えなくて済むように)、たくさんの仕事(職業)を生み出してきたのです。

 

これらはほぼすべて、人間が勝手に作ったルールに則って行われます。スポーツもゲームも宗教も、ビジネスも。自然法則など関係ありません。

 

その点では、「架空」であり「仮想的」である、と言えます。

 

仮想通貨の潮流

f:id:nezujiro:20171227065335j:plain

そして現在、世間(のごく一部?)で大ブームとなっている仮想通貨(VC)です。

 

ここでは仮想通貨のことを詳しく書きませんが、ひと昔前の「不動産ブーム」と同じように、「ブーム」が「ブーム」を呼んでさらに大きな「ブーム」となる、要は「バブル」なわけです。

 

ただ、不動産であれば、たとえば「土地」という有限の「価値」があるため、そこに「本源的価値」を見出すことができるのに対して、仮想通貨には、本源的価値がありません。と、どこかのお偉いさんも仰っています。マイニングで有限性を担保していますが、それは単なる「仕組み」です。ビットコインが依然として主流ではあるものの、ブロックチェーン技術を使って次々と新しい仮想通貨が登場していることが、「本源的価値の無さ」の現れではないかと思います。

※ 柔軟な決済や低コストな海外送金といった「利用価値」はあります。

 

そんな仮想通貨は、ふつうの商売と同じようなものです。次に流行りそうなモノや、人が集まりそうな場所(次に流行りそうな仮想通貨)に先回りして、儲かれば「勝ち」というわけです。インフルエンサー(世間に影響を及ぼす人)であれば、マイナーな仮想通貨に先回りして、「こっちの水は甘いよ~」と喧伝することにより、先行者利益を確保することができます。早い者勝ちのゲームです。

 

仮想通貨は「人ころがし」に決定

不動産の場合は、有限的価値のある「土地」を安く買って高く売る「土地ころがし」が儲け方の基本です。

 

では、本源的価値がないと言われている仮想通貨は、何を転がしているのでしょうか?

 

本源的価値がないものを先に入手した人が、その値をつり上げて、後からやってきた人に高く売ることが基本ですから、「人ころがし」とボクは勝手に決めています。

 

「人ころがし」と考えるなら、情報に強いか弱いかで勝者と敗者が分かれることになります。その点、「仮想通貨 ブログ」で検索して上位に出てくる「情報強者(らしき人)」からの情報に「情報弱者(らしき人)」が乗っかってしまいがちな仕組みが少々気になります。

 

 

仮想通貨とブログの関係

長々と訳の分からないことを書いていますが、このようなブログも、仮想通貨と特に変わらないですよね。

 

特に、検索流入やバズを狙うブログでは、次に流行りそうなモノやサービス、情報に先回りして先行者利益を得ようとするわけですから、仮想通貨と同じであり、1つの商売でもあります。

 

ということは、ブログや SNS で「人ころがし」できる人は、仮想通貨にも向いているかもしれませんし、逆に、ブログや SNS が不得手の人は、仮想通貨をやっても上手くいかないような気がします(確率の問題で、必ずしもそうとは限らないでしょうが)。

 

というわけで、あまり人に見られないブログをやっているボクも、「センスなし」ということになり、仮想通貨はやらない方がよさそうですので、指をくわえながら、仮想通貨という「遊び」を自粛しています。

 

「仮想」との関わり方

最近の仮想通貨や仮想現実(VR、AR、MR)の盛り上がりを見ていると、やがて人工知能(AI)に仕事を奪われ、ベーシックインカム(BI)を受け取るようになった時の「暇つぶし・遊び」を懸命に準備している段階のような気がしてきます。

 

ボク自身、仕事やプライベートで「仮想」のお世話になることが多々あります。

 

でも、オオカミが本当にやってくるのか、親オオカミが来るのか、子オオカミが来るのか、誰にも分かりません。

 

ですので、あまりに早くから暇つぶしや遊びにハマり過ぎて、ベーシックインカムをもらう前に「不要な人間」になってしまうことのないよう、十分に注意したいところです。

 

www.overthesensitivity.com

 

www.overthesensitivity.com

 

 

 

- 敏感の彼方に -