敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

「トランプ大統領SP vs 座布団ヒットマン」という大相撲観戦の楽しみ方

 

トランプ大統領 相撲 観戦 力士 親方 座布団 SP

 

 

5月下旬の東京・両国国技館。「迫りくる座布団と、それを迎え撃つトランプ大統領の警護官(SP)」という悪趣味な妄想で記事を書いています。

 

プロフットボールの全米王者を決める「スーパーボウル」より100倍も大きな行事だと聞き付けて、新天皇即位後初の国賓として来日することになったトランプ大統領が、国技館で行われている大相撲・夏場所の千秋楽(2019.5.26 <Sun>)もついでに観戦します。

 

そのため、当日券の販売数を半分に抑えたり、休憩室(授乳室)やコインロッカーの使用を制限したり、英語を話せる武蔵川親方(元横綱・武蔵丸)が隣りに座ることになったり、すでに様々な「トランプシフト」が敷かれています。

 

厳戒態勢の中、トランプ大統領は、土俵を見下ろす「貴賓席」ではなく、土俵そばの「升席」に置かれた椅子に座って大相撲を観戦することになります。米国の大統領が升席で、しかも椅子に座って観戦するという異例の光景に、相撲ファンのボクとしては、いろんな妄想が頭をよぎり、当日が楽しみで仕方ありません。

www.overthesensitivity.com

 

見どころは・・・

 

テレビ映り

大統領とその警護官(SP)のため、正面升席がすべて確保されているとのことです。テレビ中継でよく映っている升席は「向こう正面」です。大統領たちが陣取る「正面」は、土俵を挟んだ反対側(テレビ画面下側)になりますので、基本的にはあまり映りません。が、たまにカメラを引いたアングルで映されますので、その際には、物々しいシークレットサービス(SP)の姿がお茶の間に飛び込んでくることでしょう。

 

大統領の表情

通常のアングルでは後ろ姿しか映りませんが、当然、別のアングルから大統領にフォーカスする場面も多々あるでしょうから、その際には表情に注目ですね。

 

テレビアナウンス

大統領を大きく映しながら、アナウンサーやゲストがどんなしゃべくりを展開するのか、これも楽しみなところです。

 

力士の襲撃

トランプ大統領 相撲 観戦 力士 親方 座布団 SP

升席や、さらに土俵に近い溜まり席は、激しい攻防の末に力士が土俵から降ってくる危険な席でもあります。米国側は当初、「力士が落ちてきて危ないのでは?」という懸念を示していたようですが、周囲にSPを配置して大統領を守ることで決着したようです。土俵からものすごい勢いで落ちてくる100kgオーバーの力士をSPが必死の形相で受け止めるシーンを見てみたいかと聞かれれば、そりゃ見てみたいです。

 

座布団の襲撃

大相撲では、番狂わせがあった場合などに、その立役者である贔屓の力士に対して「よくやった!」の意味で、観客の尻に敷かれている座布団が土俵めがけて投げ込まれます。これを「座布団の舞」と言いますが、これが当日の一番の見どころかもしれません。「新天皇即位をスーパーボウルと比較しやがって!」という思いをぶつけたい愛国心ヒットマンが、ここぞとばかりに大統領めがけて座布団を投げつけるんでしょうね(たぶん)。大統領を銃撃から守るために厳しい訓練を積んだシークレットサービスのSPたちが、果たして座布団の襲撃に耐えられるのか、ドキドキします。

 


大相撲 番狂わせ 凄すぎる座布団の舞い【まとめ】

 

シークレットサービスのこわもての面々が、上のような動画を見ながら、舞い狂う座布団への対策を考え、予行演習をしているんだろう、と考えるだけで吹き出しそうになります。

 

米国大統領杯

幕内優勝力士には、「米国大統領杯」が授与されることになっています。どれほど立派な優勝カップが用意されているのか、トランプ大統領が一人で持てるぐらいの重さなのか、いろいろと注目です。その大統領は、スリッパを履いて土俵入りするみたいですね。

 

表彰授与時の言葉

大相撲での外国人による表彰として、年配の方々の記憶に残っているのは、「パンアメリカン航空賞」を授与する元極東地区広報担当支配人 デビッド・ジョーンズさんの「ヒョー・ショー・ジョー!」でしょう。


ヒョー、ショー、ジョー!

 

果たして、ジョーンズ氏のパフォーマンスを超える授与式が見られるのか、トランプ大統領の口からどんな言葉が飛び出すのか、とても期待しています。お願いですから、「You're fired!」だけは言わないでくださいね。

 

 

 

さいごに

大相撲の中継は、普段は18時に終了する流れでスケジュールが組まれていますが、千秋楽に限っては、表彰式があるため、普段より30分ほど前倒しのスケジュールとなります。トランプ大統領の大事な場面を見逃さないように、要注意です。

 

悪趣味極まりないエントリとなりましたが、なかなかお目に掛かれない光景だと思いますので、大いに楽しみましょうね。当日は、かなりの高視聴率となるはずです。

 

 関連記事 

 

- 敏感の彼方に -