敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

【ブログ】2018年の流行・注目テーマをGoogleTrendsから検討

 

 

さて、いよいよ 2018年です。

f:id:nezujiro:20171230070733j:plain

「2018年は、どんなことをブログに書こう?」と考え、2017年のトレンド・流行をヒントに、注目テーマを検討してみることにしました。

 

参考にした指標は、Google Trends(トレンド)の「Year in Search: 検索で振り返る 2017」です。

trends.google.co.jp

 

Googleトレンドは、その時々の話題を簡単にチェックできますので、世の中の動きに疎いオヤジには重宝します。今後ともヨロシクお願いいたします。

 

その Googleトレンドの「Year in Search: 検索で振り返る 2017」は、人物やトピックなどについて、2017 年に急上昇したワードをランキング形式で示してくれるのですが、まずはランキング(リスト)の作成方法を確認してみますと・・・

このリストは、2016 年に比べて 2017 年にトラフィックが急増した検索キーワードに基づいています。

ということです。

 

つまり、あくまでも前年から検索数が急増したキーワードのランキングであって、検索規模(ボリューム)の大小を示すものではない、ということのようです。たとえば、2016年の注目人物(たくさん検索された人物)であっても、 2017年に前年以上の注目を集めていなければ、このランキングには入っていません。文言通りに捉えると、そのようになります。

 

この点に注意して、早速、一部のランキングを見てみましょう。

まず、2017年の「話題の人」は、このようになっています。

 

 

そんなに話題だったかな?という人もランクインしていますが、それより注目は、10人中8人が女性で、男はたったの2人!しかも、トランプと金正男って・・・・日本人ゼロじゃないですか! 2018年も、女性優位の傾向が続くのでしょうか。

 

まぁ気にせず、次は 2017年の「〇〇とは」を見てみましょう。

 

 

ふむふむ。確かにこの中のいくつかを検索した記憶がありますね。

では、2017年の「比較」は、どうなっているでしょうか。

 

 

なるほど。そういう結果でしたか。

上位のトピックは、確かに注目を集めたものばかりですね。下位のトピックも話題にはなっていましたが、まだ今後も伸びる余地がありそうです。

 

たとえば、「ネットスーパー」の関連として、ローソンが無人店舗を2018年春から導入することを発表済みですので、「無人化」も含めて、スーパーやコンビニ等の小売業界は、2018年も話題が豊富に出てきそうです。

 

「宅配料金」に関しては、「ゆうパック」が 2018年3月から全国平均で 12%の値上げとなりますし、2018年度中にドローン配達の開始も計画されていますので、2018年も宅配業界は熱くなりそうです。

 

「VRゴーグル」は、2016年の春あたりから注目されていましたので、2017年は10位となりましたが、仮想現実(VR、AR、MR)の用途は拡がる一方ですので、まだまだ注目のトピックです。

 

 

さて、2018年は、どんな年になるんでしょう。まずは、素敵な初夢を見たいものです。

 

* * *

 

本投稿をもちまして、2017年のブログ営業(?)は終了となります。

どうもありがとうございました。

 

 

 

- 敏感の彼方に -