敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

【トイレの汚れ!】掃除の前の「汚さない努力」と「男は座って」が基本

 

 

f:id:nezujiro:20180202045848j:plain

 

子どものころ、トイレでくつろぐ大人たちを見て、「何故そんな所でくつろげるの?」と疑問に感じていましたが、今ならよく分かります。

 

家族はありがたいものですが、一人暮らしと違って、こちらの都合など関係なく個人の領域を侵してくる「侵略者」でもあります(こわいですね)。

 

自分の「縄張り」とも言うべきテリトリ(パーソナルスペース)が侵されて陥落の危険性が高まってきたら、たまらずトイレに駆け込み、その小さな小さな空間を一時のテリトリとして、嵐が過ぎ去るのをひたすら待ちます。

 

そのとき、トイレという空間は、単に用を足す場ではなく、くつろぎを与える立派な「居室」となっているわけです。

 

そして、その大事な「居室」の最大の敵は、「汚れ」とそれに伴う「臭い」です。

 

そんなトイレの汚れを巡って常に論争となるのが、男の小用(小便)です。汚す側の男性がトイレ掃除するのであれば論争にならないのですが、「汚すのは男(夫)、掃除は女(妻)」という構図の場合に、大きな論争となります。

 

 

立ってするか、座ってするか

ある生活用品・医薬品メーカの調査によれば、夫が自宅でトイレを利用する際に、「座って用を足す」割合は、2008年に 27%だったのが、2014年には 38%まで伸びています

 

また、NPO法人・日本トイレ研究所の 2017年の調査によれば、「座る」派が 44%となっており、座って用を足す男性が着実に増えていることが分かります。

 

子どもは大人のやり方をよく見ていますので、次の世代には、「座る」派がもっと増えるでしょうし、100年も経てば、「立つ」派は天然記念物レベルの希少な存在になっているのではないかと思います(「座る」ことが結婚条件の1つになっていたり・・)。

 

立って用を足した場合の汚れ

f:id:nezujiro:20180202054300j:plain

 

上述の生活用品・医薬品メーカの別の調査によれば、男性が1日に7回立って小用を足す場合、便器の周りの床や壁には、目に見えない小さな滴も含めて、

2,000 滴以上

の尿が飛び散っているそうです。あまり想像したくはありませんが、これが現実です。

 

このように飛び散った尿が、時間の経過とともに菌によって分解され、鼻にツンとくるアンモニア臭を発することになるわけです。

 

汚さない努力

ここまで読んでも、「やっぱり立ってしたい!」と言う男性諸氏は、せめて少しでも汚さない努力をしましょうね。パートナーも喜んでくれるはずです。

 

 立って用を足す際の「汚さない」努力 
  • 尿の飛びはねを抑える機能が付いた便器に買い替える(仮想通貨で儲けて?)
  • 便器の奥の壁部分ではなく、水たまりの中央を狙えば、飛びはねが少ない
  • 汚したことが分かったら、その場で拭く(もはや、常識かも)

 

「座る」派も汚れに注意を

 男子(夫)が座って用を足すようになったからと言って、手放しで喜べるわけではありません。

 

座って用を足すことで便器外への飛び散りは抑えられますが、便座の裏側は尿のはね返りで確実に汚れます。

 

ある調査によれば、1回の用足しで、男性の場合は 200滴前後、女性の場合は 500滴前後のはね返りが便座裏に付着するようです。

 

家族全員が座って用を足す場合、便座を上げ下げする機会は少ないですよね。ほとんどないかもしれません。ある日、便座を持ち上げてみたら、裏側が世にも恐ろしい状態・・・ということも大いにあり得ます。

 

やはり掃除も必要

f:id:nezujiro:20180202080922j:plain

 

結局、どのようにトイレを利用しても、汚れるものは汚れますので、少なくとも週に1回は掃除をしたいところです。家事の中では後回しにされがちなトイレ掃除だからこそ、男子が率先して掃除をすれば、カジメン株も上がります。

 

www.overthesensitivity.com

 

 

掃除の際は、拭き取り用クリーナーや薄めた中性洗剤をトイレットペーパーや柔らかい布にしみ込ませて、便器周りの床や壁、便座の裏や付け根などを拭き掃除します。

から拭きや水拭きでは、尿や菌をぬり広げてしまう可能性があります(泣)。

 

便座を取り外せるタイプのものは、半年や1年に一度、外して徹底的に掃除することで、トイレ空間のイヤな臭いをさらに抑えられます。

 

特に子どものいるご家庭では、尿が便器から垂れて便器と床のすき間に入り込み、それが悪臭の原因となっている場合もあります。クリーナーなどをしみ込ませた柔らかい布を竹串などで押し込むようにして拭くのが良いですね。

f:id:nezujiro:20180202085002j:plain

 

まとめ

  • トイレは、大切な「癒し空間」ですので、清潔に保ちましょう。
  • 立って小便する場合でも、なるべく汚さない努力を心掛けましょう。
  • 座って用を足していても、トイレは確実に汚れます。
  • (特に男子が)頑張って掃除しましょう。

 

 

 

- 敏感の彼方に -