敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

Pixel Buds(ピクセルバズ)|Google の自動翻訳イヤホン詳報

 

 

Google(グーグル)は、新型スマートフォン「Pixel 2(ピクセル2)」の発表イベントで、以前から噂になっていた同社初のワイヤレスイヤホン「Pixel Buds(ピクセルバズ)」を発表しました(ちなみに、米国では、イヤホンのことを earbuds(イヤバズ)と言います)。

 

このイヤホン、Pixel 2 と一緒に使用すれば、自動翻訳機にもなる優れもので、ドラえもんのひみつ道具「ほんやくコンニャク」のようなイメージです。

f:id:nezujiro:20171108045750j:plain

 

性能は?、価格は?、発売日は?・・・気になる点をまとめていきましょう。

 

仕様・性能

「ワイヤレス」と言っても、それは Bluetooth 対応のデバイス(スマホ)とワイヤレスで動作することを意味しており、イヤホン自体は、写真のように左右のユニットがケーブルでつながった形状です。

f:id:nezujiro:20171108045003j:plain

 その他の仕様は、以下のとおりです。

黒、白、青の3色
バッテリ 1回のチャージで5時間使用可能
充電

専用充電ケース(右の画像)

・620mAh バッテリ内蔵(フル充電でイヤホン 24 時間稼働)

・USB-C ポート

接続 充電ケースから取り出すだけでデバイス(Android 7.0 Nougat 以降搭載のスマホ)と自動的に接続(「Fast Pair」機能)

 

使用方法

ジェスチャコントロールを採用しており、スワイプやタッチによって、選曲、電話応答、音量調整などが可能です。

 

たとえば、右側のイヤホンにはタッチパッドが設けられています。これに触れると、Google Assistant(アシスタント)が有効になって、音声コマンドによる音楽の再生、テキスト送信、ルートの取得、リマインダの設定などが可能になります。

 

また、通知アラートが聞こえたら、右側のイヤホンをダブルタップすることで、Google Assistant が新しいメッセージを読み上げてくれるようです。

 

そして、最も注目すべきは、Pixel 2 と一緒に使用した場合のリアルタイム翻訳・通訳機能「Google Translate on Pixel」です。

 

日本語を含む 40 カ国以上の言語に対応しており、右側のイヤホンに触りながら「英語で話すの手伝って」などと言ってから日本語でしゃべると、スマホのスピーカから英語が流れます。そして、相手が英語で返事をすると、イヤホンを通じて日本語に変換された返事が聞こえます。

 

まさに、「ほんやくコンニャク」です。

 

使用感

実際に使用した記者の感想などを読むと、イヤホンの上部に調節可能なループがあって、耳にしっかりと保持できるようになってはいるものの、人に依っては(耳の形に依っては)装着に時間が掛かる場合がある、とのこと。

 

また、翻訳機能に関しては、反応が少し遅れる場合があるものの、細かな点を気にしなければ、基本的な会話は十分に成り立つ模様です。

 

価格・発売情報

価格は、159ドル(約1万8000円)です(・・・安くはない・・・)。

 

発売は今月(11 月)で、米国、カナダ、イギリス、ドイツ、オーストラリア、シンガポールが予定されています。

 

当初の発売国に日本は含まれていません(残念!)。が、新しいスマホ「Pixel 2」の評判などに応じて、近いうちに日本でも発売されることでしょう。

 

さて、どうする?

 

 

- 敏感の彼方に -