敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

【フリーランスの投資運用実績 2020年6月】ロボ積立中心に 30万円回復

 

投資 長期 株 コロナ FOLIO ウェルスナビ 楽天 投資信託

 

 

 

長期の積立投資を基本に、株や外貨で少し遊びながら、余裕資金で楽しく投資を行っています。その結果を毎月、簡単に記録していきます。投資に費やす時間を最小限に抑え、本業を疎かにしないように心掛けています。

 

【投資の基本姿勢】

  1. 手取り所得の25%前後を計画的に蓄える(基本は長期投資)。
  2. 少なくとも半年分の生活費は確保しておく(それ以外が運用資金)。
  3. 損してもよい額の3倍までを運用の目安とする(最大で1/3ぐらい損する可能性)。

 

フォリオ(FOLIO)

4つの投資テーマ「次世代素材」「健康食品」「アグリテック」「AI最前線」の合計です。

 

    投資額     評価額      損益   
 2020年5月現在  ¥661,338 ¥733,919 ¥72,581
 2020年6月現在  ¥661,338 ¥724,531 ¥63,193

 

3月中旬の底値で購入したものを中心に、6月前半には15万円ほどの利益が出ていましたが、いったん落ち着きましたね。将来的に伸びそうな分野を選んでいますので、基本は放置です。今月の業績予想発表のタイミングで、もう一段上がると予想しています。ただし、バブルの香りが常に漂っていますので、注意も必要です。

 

外貨預金

シンガポール(ドル)、ノルウェー(クローネ)、オーストラリア(ドル)、南アフリカ(ランド)、ブラジル(レアル)の5通貨の合計です。

 

    購入額     評価額      損益   
 2020年5月現在  ¥1,950,000 ¥1,676,433 ¥-273,567
 2020年6月現在  ¥1,970,000 ¥1,767,613 ¥-202,387

 

コロナウイルスの影響が薄れた先進国を中心に、余ったお金が動き始めて、まだまだ予断を許さない新興国や途上国でも、少し値上がりしました。こちらも6月前半に大きく伸びた後、いったん落ち着きました。米ドルや中国(人民元)なども少しずつ購入したいところ。

 

ウェルスナビ(WealthNavi)

ご存知のロボアドバイザーです。

 

    投資額     評価額      損益   
 2020年5月現在  ¥2,950,000 ¥3,072,371 ¥122,371
 2020年6月現在  ¥3,000,000 ¥3,272,924 ¥272,924

 

世界経済が動き始めて、先月から15万円の上乗せです。まぁ、長期積立ですので、一喜一憂しても仕方がありません。淡々と。

 

テオ(THEO)

同じく、ロボアドバイザーです。

 

    投資額     評価額      損益   
 2020年5月現在  ¥190,000 ¥181,419 ¥-8,581
 2020年6月現在  ¥200,000 ¥200,688 ¥688

 

長らく低迷していましたが、こちらもようやくプラスです。淡々と。

 

確定拠出年金(iDeCo)

「日興DCAナビ40」「しんきんインデックス225」「ダイワ投信倶楽部・外国債券」「ダイワ投信倶楽部・外国株式」「ダイワ投信倶楽部・日本債券」の5銘柄で運用してます。

 

    掛金額     評価額      損益   
 2020年5月現在  ¥3,114,061 ¥3,189,049 ¥74,988
 2020年6月現在  ¥3,163,511 ¥3,312,989 ¥149,478

 

こちらもコロナから回復して、少しずつ戻ってきています。時機を見て、銘柄の変更も視野に入れます。

 

その他の投信積立

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」「eMAXIS Slim 先進国株式インデックス」「eMAXIS Slim 新興国株式インデックス」「アジア好利回りリート・ファンド(年1回決算型)」の4銘柄の合計です。

 

    投資額     評価額      損益   
 2020年5月現在  ¥50,000 ¥50,823 ¥823
 2020年6月現在  ¥100,000 ¥102,396 ¥2,396

 

コロナ騒動の最中に、新たに積み立てを開始しました。コロナ騒動が落ち着いて、経済が巡航速度に戻り、世界の安定と秩序がそれなりに保たれているうちは、長い目で見て上昇し続ける堅い銘柄だと思います。今後、割安感が出たタイミングで買い増す予定もあります。

 

小規模企業共済

現時点の評価額は分かりませんが、中小機構の「加入シミュレーション」のページで、月額掛金と納付月数とを用いて評価額の目安を計算してみました。

 

    掛金額     評価額      損益   
 2020年5月現在  ¥8,350,000 ¥9,252,000 ¥902,000
 2020年6月現在  ¥8,400,000 ¥9,313,000 ¥913,000

 

最終的にどれだけの利益が得られるのかは分かりませんが、この共済は全額、所得控除の対象ですから、単利計算で10%程度の利息がつくのと同じです。元本さえ保証されるのであれば、少なくとも単利10%前後の利益が確定しています。万が一の保険として加入しています。

 

 

 

まとめ

以上、2020年6月分の投資状況をまとめてみました。ロボアドバイザー積立などを中心に、先月から合計で30万円ほどのプラスとなりました。しかし、コロナ前の状態にはまだまだです。特効薬やワクチンの開発の進み方次第ですね。本業が忙しくて完全に放置状態ですので、世界経済の行方に運命を託しているのと同じです。

 

投資に関しては、まったくの素人ですから、何の参考にもならないと思います。運用状況を自分で把握するためにまとめたものですが、面白いので公開してみようと思いました。可能であれば、何十年後かに現役を引退するまで、内容を更新していきたいところです。

 

つづく

www.overthesensitivity.com

 

 関連記事 

 

- 敏感の彼方に -