敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

Google が発表! 検索順位は今後ますますスピード重視になる

 

 

f:id:nezujiro:20180118090039j:plain

 

昨日、Google(グーグル)から、ちょっとしたニュースが発表されました。

 

その内容は、検索チームの Zhiheng Wang、Doantam Phan 両氏の連名で、Google のオフィシャルブログ「Google Webmaster Central Blog」に掲載されています。

webmasters.googleblog.com

 

 

その内容とは・・・

「多くのユーザは、見たいページのスピード(表示速度)をかなり気にしている」という研究結果に基づいて、検索順位の表示(ランキング)を今までよりも少しだけスピード重視に切り替える、というものです。

 

これまでも、パソコンで検索された場合の表示順位は、ページの読み込み速度を加味したものでしたが、2018年の7月からは、スマートフォンや携帯電話などによるモバイル検索でも、同じようにページ速度を1つの指標として、検索ランキングに反映されるようになるそうです。

 

これは、「Speed Update」と呼ばれ、ページの記述方法に関わらず、すべてのサイトに適用されることになります。

 

ただし、スピードというのは1つの指標に過ぎず、検索語(キーワード)が重要な指標であることに変わりはありませんので、たとえ遅いページであっても、ユーザが探し求めることに深く関連する内容が記載されたページについては、依然として上位に表示されることになります。

 

つまり、モバイル検索の場合にも、サイトのコンテンツを重視することに変わりはないが、内容が同等であれば、応答の速いサイトが検索上位に表示される、ということです。

 

今後は、検索流入を重視するのであれば、ページの表示速度を今まで以上に気にした方がよくなるわけですね。

 

なお、上記のオフィシャルブログの記事では、開発者(サイト制作者)向けに、ページパフォーマンス(スピードなど)を評価できるツールが紹介されています。いずれも、今回の「Speed Update」の影響を直接測定し得るものではありませんが、参考にはなりそうです。

 

特に、PageSpeed Insights は、誰でも使いやすいツールです。

f:id:nezujiro:20180118091959j:plain

パフォーマンスを調べたいページ(トップページでも個々の記事ページでも可)の URL を入力して「分析」ボタンをポチっとすれば、モバイルとパソコンのそれぞれについて、速度や最適化状態、最適化案などを提示してくれます。

 

* * *

 

ところで、ブログの記事などが、狙ったキーワードで何位に表示されるのかを知りたいと思いませんか?

 

そんな時には、ご存知の方も多いでしょうが、「検索順位チェッカー」が役立ちます。

checker.search-rank-check.com

 

検索順位を調べたいページの URL と、狙っているキーワードとを入力して、「チェック」ボタンをポチっとすれば、Google、Yahoo、Bing それぞれで検索した場合の順位を取得できます(スマホの検索順位も取得できて嬉しい!)。

 

キーワードは5セットまで設定でき、各セットにつき、複数のキーワードで調べることもできます(その場合は、スペースで区切ります)。

 

まだ使ったことのない方は、ぜひ一度お試しあれ。

 

 

 

 

www.overthesensitivity.comwww.overthesensitivity.com

 

 

 

- 敏感の彼方に -