敏感の彼方に

HSPエンジニアがお送りする、前のめりブローグ

【誕生!】赤ちゃんの泣き声を翻訳する無料アプリ「Chatterbaby」使い方

 

 

カリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)David Geffen 医科大学院の Ariana Anderson (アリアナ・アンダーソン)准教授(コンピュータ神経心理学)を中心とする研究チームが、面白いアプリを発表しました。

 

赤ちゃんの泣き声を録音し、人工知能(AI:Artificial Intelligence)を活用して、泣いている原因を推定できる無料のスマホアプリ「ChatterBaby(チャターベビー)」です。

chatterbaby.org

 

信号処理と機械学習を用いた独自のアルゴリズムで乳幼児の泣き声を解析して、「不機嫌」「空腹」「痛み」のいずれが原因かを、それぞれの割合(パーセント)で表示してくれる優れものです。

 

アンダーソン准教授自身の育児経験も踏まえて、2000 件以上の乳幼児の泣き声データを収集し、声の大きさや周波数の変化(声の高さ)、「無音と音」の比率のパターン(泣き声の長さや間隔)などから、タイプごとに音響特性を機械学習させた結果、

「乳幼児が泣いているか否か」や「痛みを訴えているか否か」を 90%以上の精度で推測できるようになったそうです。

驚くべき高精度ですね。

 

f:id:nezujiro:20180530124436j:plain

 

現時点では、上に挙げた「不機嫌」「空腹」「痛み」の3種類しか区別できませんが、このアプリでは、ユーザのフィードバックを収集できる仕組みになっていますので、ユーザが増えれば増えるほど、赤ちゃんの脳で起きていることを正確に解釈できるようになるんでしょう。

 

実際、アプリを使って赤ちゃんの泣き声を録音すると、泣いている原因の結果表示とともに、フィードバックの協力を求めるメッセージが表示され、赤ちゃんの状態(おむつ替え、発熱、発疹など)を選択する画面が現れますので、いずれかを選択することで研究に協力することも可能です。

※ これについては、あとで詳しく説明します。

 

それでは、アプリの使い方を早速見ていきましょう!

 

「ChatterBaby(チャターベビー)」の入手

このアプリは、iOS版と Android版がリリースされていますので、いずれも無料でダウンロードして利用することができます。

chatterbaby.org

 

ただし、Android 版を Google Play ストアで入手しようとしても、

このアイテムはお住まいの国ではご利用いただけません

という表示が出て、ダウンロードできません。

 

ご存知の通り、Google Play ストアは、アクセスする地域によって表示される内容が大幅に異なり、日本語に対応していない Android アプリなどは、日本ではダウンロードできなくなっています。この ChatterBaby(チャターベビー)アプリも、英語とスペイン語にしか対応していませんので、日本では入手できません。

 

これに対処するには、「Google Play 海外 アプリ」や「Google Play VPN」などで検索すれば、その方法を紹介したサイトがたくさん出てきますので、そちらをご参考ください。

※ 一部、トラブルなどもあるようなので、ご注意ください。

 

iOS 版であれば、アクセスする地域や国に関係なく入手できますので、今回は Apple Store で iOS 版を入手することにしました。

 

「ChatterBaby(チャターベビー)」のインストールと起動

早速アプリをインストールして起動すると、最初に、「個人を特定することなく研究目的でデータを収集する」などの主旨に同意するか否かを聞かれます。

 

同意する場合は「I Agree」を、同意しない場合は「Cancel」をタップします。

 

同意すると、以下のような簡単なアンケートに答えることになります。

 

[Email]

適当なメールアドレスを登録しましょう。

[Baby Gender]

赤ちゃんの性別です。「Boy」「Girl」のいずれかを選択しましょう。

[Baby DOB]

赤ちゃんの生年月日です。「月-日-年」の順番です。

 

簡単ですね。

 

赤ちゃんの泣き声を測定開始!

インストールしたアプリを起動すると、こんな画面が立ち上がります。

f:id:nezujiro:20180530131849j:plain

この画面で、中央のデカいマイクをタップすると、測定開始です。測定時間は、およそ5秒ほどですので、その間に赤ちゃんの泣き声を拾いましょう。

 

 そして、測定が終わると、以下のような推定結果が自動的に表示されます。

f:id:nezujiro:20180530132000j:plain

Fussy」が「不機嫌」、「Hungry」が「空腹」、「Pain」が「痛み」をそれぞれ表しています。上の画像の場合は、不機嫌が 39%と最も高く、それが主原因と推測されます(ま、ボクの声で録音しましたので、おかしな結果だと思いますが・・・)。

 

もう一度測定したい場合は、画面上の「Results」の左の「戻る」記号(<)をタップすれば、最初の画面に戻りますので、何度でも測定可能です。

 

 

フィードバックで研究に協力する

さてさて、赤ちゃんが泣いている原因を特定する方法は、以上の通りなのですが、このアプリはあくまでも研究の一環ですので、あなたの測定結果を研究チームに送ることで、研究に協力することができます。

 

協力したい人は、上の画面で「Teach ChatterBaby about」をタップすると、「Select your first choice」という画面が現れますので、表示されている 15 項目の中から、測定時の赤ちゃんの様子をタップしましょう。ちなみに、英語表示されている 15 項目の意味は、以下の通りです。

 

  1. Fussy 不機嫌
  2. Hungry 空腹
  3. Pain 痛み
  4. Diaper Change おむつ替え
  5. Rash 発疹
  6. Colic コリック(ミルクを飲んだ後に起こす腹痛など)
  7. Ear ache 耳が痛い
  8. Fever 発熱
  9. Gassy ガス症状
  10. Scared 怖がる
  11. Separation 親と離れた状態
  12. Bored 退屈
  13. Sick 病気
  14. Tired 疲れた
  15. Unknown 不明

※ これらの項目は、今後変わるかもしれませんので、あくまでも記事執筆時点でのものです。

 

赤ちゃんの状態や様子を観察して、あなたが一番該当すると思うものを気軽に選べばよいと思います。感覚で大丈夫でしょう。あとは、AI がたくさんの統計情報から学習してくれます。

 

まとめ

このアプリは、まだ開発途上ですし、機械が 100%正しいわけではありませんから、あくまでも参考程度と考える必要はあります。

 

でも、新米の親や聴覚障がいのある親はもちろんのこと、赤ちゃんが泣き止まないことで睡眠不足に陥っている親たちにとっては、大いに参考になるのではないでしょうか。

 

我が家の3人の子どもたちは、すでに乳幼児期を脱していますので、もうこのアプリのお世話になることはありませんが、幼いころにこのアプリがあれば、どんなに助かっていただろう、と想像してしまいますね。

 

このアプリは、泣き声の膨大なデータと音声ファイルを組み合わせて、泣き声だけで各種自閉症スペクトラムの兆候を見つけ出す壮大なプロジェクトの一環なんだそうです。自閉症を予測できる機械学習モデルの構築に、ユーザのフィードバックが生かされるわけですね。

 

関連記事 

 

 

 

- 敏感の彼方に -